トップページ > iPhone7 > すごく薄くなると評判のiPhone7、新技術搭載のディスプレイが鍵か

読了まで 29

すごく薄くなると評判のiPhone7、新技術搭載のディスプレイが鍵か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

pixel eyes iphone7
 
iPhone6sシリーズより新たに3D Touch機能が搭載されましたが、iPhone6から厚みに変化はほぼないのにもかかわらず(iPhone6:6.9mm, 6s:7.1mm)、同機能のためのTaptic Engineが内部に組み込まれていたことは、アップルの技術力の高さを改めて裏付けるものとなりました。そして、2016年に発売が噂されているiPhone7では、端末の厚みがiPod Touch並の薄さ(6.1mm)になるとされています。
 
iPhone6sではTaptic Engineを新たに搭載しつつも、厚みをiPhone6よりも僅か0.2mmの増加に抑えるために、バッテリー容量が犠牲となりましたが、さらに1mm弱のスリム化を、どうやってアップルiPhone7で実現しようというのでしょうか。そのヒントが、ジャパンディスプレイ(JDI)の新技術である第2世代「Pixel Eyes」です。

JDIの新技術とiPhone7の方向性が合致

ジャパンディスプレイ(JDI)はアップルの主要サプライヤーとして、iPhoneにディスプレイを提供しています。
 
同社は、最近行われた投資家向けの質疑応答のなかで、従来より展開している独自インセル技術をさらに進化させた、第2世代「Pixel Eyes」について、ユーザーの感圧タッチを感知できる旨を明らかにしました。
 
iphone6s 3D touch 使える カバー シート
 
この他にも第2世代では、黒レベルのコントラスト比が鮮明となることで黒色の表現力が高くなっているほか、スマートフォン周囲の枠を細くする「狭額縁化」が可能となるなど、iPhone7の方向性と矛盾しないことから、同端末にはJDIの同技術を用いたディスプレイが搭載される公算が高いとみて良さそうです。
 
すでに新たなインセル技術を用いたディスプレイが量産が開始されていることから、順調であれば2016年9月に発表されるiPhone7には十分間に合うと、ニュースサイト威锋网は語っています。
 
また、iPhone7の画質がどれほどのものになるかも気になるところですが、JDIがRetina 4Kや5KのiMacに提供しているディスプレイ技術「DCI」が適用されるのでは、とも同サイトは述べています。
 
 
Source:威锋网,ニュースイッチ
(kihachi)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる