トップページ > 最新情報 > アップル、10年連続で「もっとも革新的な企業」の1位に選ばれる

読了まで 154

アップル、10年連続で「もっとも革新的な企業」の1位に選ばれる

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

apple logo
 
もっとも革新的な企業」としてランクインした50社のうち、今年もアップルが首位に立ちました。同社の1位は10年連続となります。

製品・株式の両面で納得の1位


コンサルティング会社Boston Consultingが発表したランキングによれば、アップルは「もっとも革新的な企業」として、10年連続で1位に選ばれました。
 
アップル 革新的
 
ランキングは、世界中の1,500人のCEOからのヒヤリングと(もちろん自社以外が対象)、直近5年間での株主へどれだけ配当が支払われたかに基づいて算出されます。
 
Live Photoや3D Touchを搭載したiPhone6sや、ウェアラブル市場を刷新してしまったApple Watchなど、他社には決して真似できない魅力的な製品のリリースのほか、株式市場では時価総額で世界記録を更新したことを思えば、アップルが今年もトップを飾ることに異論の余地はないでしょう。

強いのはテック系企業と自動車産業か

トップ10のうち、6つが俗に「テック系」と呼ばれる企業であることは、「革新的」というキーワードを考えれば当然とも言えますが、トヨタやBMW、Daimlerといった古くから名を知られる自動車企業や、バイオ製薬企業であるGilead Sciencesも存在感を放っています。
 
トップ10以外では、「QQ」や「WeChat」といったSNSをベースに次々と革新的なサービスを提供しているTencentが12位にランクインしました。最近でも同社は、iPhoneのサプライヤーとしても知られるFoxconnと協力して、電気自動車を開発しタクシー業界に参入しようとするなど、意欲的な取り組みが報道されたばかりです。なお昨年は35位でした。
 
 
Source:Cult of Mac
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる