トップページ > iOS > iOSアプリはAndroidよりも平均して開発コストが30%安価

読了まで 151

iOSアプリはAndroidよりも平均して開発コストが30%安価

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

android ios
 
iOSアプリの開発はAndroidアプリよりも開発コストが30%安価で済むことが分かりました。ニュースサイトZDNetが報じています。

コードの記述量でiOSが有利


ソフトウェア開発企業のInfinumがiOS版とAndroid版でまったく同じ機能を有したアプリを開発する6つのプロジェクトを比較したところ、Androidアプリの開発はiOSに比べ、30%コスト高であることが分かりました。
 
また、iOS版の方がAndroidに比べ、ソースコード行数で平均して38%短く、工数も少なく済むことが分かりました。Android版を完成させるための工数は、iOS版よりも平均で28%多かったとのことです。このことから、Infinumは、iOSアプリの開発に用いられるSwiftとObjective-Cが、Androidアプリに用いられるJavaよりもコードの記述量で有利であるとしています。

標準化されたiOSは開発もスムーズ

さらに、ハードウェアが標準化されており、すぐに最新OSにアップデートされるiOSと比較して、Androidは画面サイズやピクセル密度、ハードウェアコンポーネントの違いやOSのバージョンで異なるAPIの差など、様々な要素を考慮して稼働テストを行わなければならないため、開発プロセスが非常に複雑で時間がかかる傾向にあるそうです。
 
もちろん、これらは開発者のスキルに左右されるところが大きいため、この見解が業界全体の状況を反映しているとはいえません。しかし、モバイルプラットフォームの選択を行ううえで、こういった定量的な分析が知見として役立つことは確かです。
 
 
Source:ZDNet
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top