トップページ > 最新情報 > アナリストが大胆予測!「5年以内にサムスンはスマホ市場から撤退する」

読了まで 218

アナリストが大胆予測!「5年以内にサムスンはスマホ市場から撤退する」

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

samsung
 
お膝元の韓国でもアップルにシェアを奪われつつあり、スマートフォンのベンダーとしては窮地に陥っているサムスンですが、ついに5年以内に同社がスマートフォン市場から撤退するのではないかとの予測が登場しました。

敵はiPhoneだけじゃない!


産業アナリストのBen Bajarin氏によれば、サムスンは「イノベーターのジレンマ」なるものに陥っているそうです。これは、新たな領域を切り開いたイノベーターは、あとからやってきて低コストで製造する競争者に価格競争で勝てず、敗北するしかないというジレンマです。
 
Android市場を見渡してみれば、使用に耐えうる高性能のAndroid端末が300-400ドル(約36,000-48,000円)ほどで気軽に手に入ります。サムスンアップルのiPhoneと同価格帯の600ドル(約72,000円)超のデバイスを出したとき、実は、戦わなければならない対象はiPhone以上に、後発の安価なAndroid端末なのです。
 
したがって、Bajarin氏は、サムスンがAndroid市場に腰を据えている限り、どんな発明も彼らを救いはしないと分析します。

AndroidとiPhoneとの差はどんどん拡大する


そのうえ、最近のAndroid端末のメインストリームは、「使えればいい」300ドル(約36,000円)未満のものへとシフトしつつあります。こういった製品は、画期的な発明などとは全くの無縁です。こういったスマートフォンが「親」のサムスンを食い潰し、Android市場で中心となっていけばいくほど、iPhoneとAndroidの性能差は開いていくというわけです。
 
ここからサムスンが、なぜ自社OSのTizenに望みをかけるのかが分かります。サムスンとしては、レッドオーシャンと化したAnroid市場から脱出するほかないのです。
 
しかし、Bajarin氏は無情にも、5年以内にサムスンはスマートフォン市場から撤退するだろうとの予測を立てています。事実、最近だけでもサムスンは、従業員の10%にあたる1万人をリストラし、一般経費を50%削減する予定であることが明らかになったのみならず、日本のサムスン電子ジャパンも従業員の25%を削減する方針であることが判明しています。
 
さすがに5年以内に消失との予測は極端にも思えますが、かつて栄華を極めたBlackBerryが、今や虫の息でAndroid端末を発表せざるを得ない状況にまで追い込まれていることを考えれば、決して一笑に付すことは出来ないでしょう。
 
 
Sourcre:Tech Pinions
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる