トップページ > 最新情報 > Apple、Force Touch技術搭載の「スイッチ式でない」Macキーボードを開発中か

読了まで 141

Apple、Force Touch技術搭載の「スイッチ式でない」Macキーボードを開発中か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ForceTouch_Keyboard
 
現地時間11月3日に公開された特許から、AppleがForce Touch技術搭載により、キーの厚みがなく、スイッチ式でない、平らな形状のMac向けキーボードを開発中であることが明らかになりました。米メディアAppleInsiderが報じています。

物理的なスイッチを廃したキーボード

米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許によれば、Appleが申請した「Ultra low travel keyboard」は、同社のForce Touchトラックパッド同様、物理的なスイッチを廃したデザインとなっています。スイッチの厚みをなくすことによって、MacBookのさらに薄型化が実現することになります。
 
ForceTouch_Keyboard
 
新キーボードは、理論的にはForce Touchトラックパッドと同じですが、1つのキーにつき1つのフォースセンサーが搭載されています。キーボードのキーキャップの下に埋め込まれたフォースセンサーが、指によって下向きに加えられる力を測定し、キーの一部であるアクチュエータが触覚フィードバックを生成します。
 
Appleが今回の特許をもとに設計した、Force Touch技術搭載のキーボードを製造するかどうかは、当然ながら現時点では不明です。
 
 
Source:AppleInsider,USPTO
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる