トップページ > 最新情報 > 今後イギリスではiPhoneの暗号化が認められなくなるかも知れない

読了まで 29

今後イギリスではiPhoneの暗号化が認められなくなるかも知れない

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

apple iphone 暗号化
 
今後イギリスでは、暗号化されていないiPhoneが登場することになるかもしれません。同国で論議の的になっている法案「調査権法」では、企業に暗号化されたスマートフォンやサービスの解読キーを保持しておくよう要請し、有事には政府当局に提供する必要が出てくる可能性があるとのことです。

アップルでも関知のしようがない

これまで何度もお伝えしているように、各国政府は暗号化されたスマートフォンに対して手を焼いており、アップルに対して何度もバックドアを設けるよう要請してきました。
 
これについて、アップルは断固として拒否しており、先日には「アップル自身でもiPhoneをアンロックできない」とのコメントまで登場しました。事実、iMessageやFaceTimeなどは、ユーザー同士のエンドツーエンドで暗号化されているため、アップルは関知のしようがありません。

犯罪者のセーフ・ヘブンとなっている現状


ところが、英メディアThe Telegraphによれば、イギリスで新たに施行される可能性のある調査権法(Investigatory Powers Bill)では、「犯罪者のセーフ・ヘブン」を作らないように、アップルなどのテクノロジー企業はデバイスの暗号化をやめ、政府に対してバックドアを設ける必要が出てきます。他にも、インターネット企業は、ユーザーのブラウジングデータを1年間保持しておく必要があるなど、様々なケースが同法案では想定されているそうです。
 
もちろん、この法案はプライバシー侵害のかどで論議を呼び起こしており、公の場に具体的な法律として現れているわけではありません。ですが、政府としても、犯罪を未然に防ぐには、こういった処置を採らざるをえないということなのでしょう。
 
期を同じくして、イギリスのみならず、アメリカの政府当局も先日、「アップルは、必要があれば、ユーザーデータの暗号化を解除しなければならない」との判断を下しています。
 
アップルにとっても、ユーザーのプライバシー保護を訴えていくことは、「プライバシーを切り売りする」ライバル企業との最大の差別化になると考えているだけに、はたして今後、同社が政府権力に対してどのような動きを見せるのか、要注目と言えます。
 
 
Source:9to5mac,The Telegraph
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる