トップページ > iOS > iOS9のWi-Fiアシスト、「予想以上にデータ消費激しい」としてアップル訴えられる

読了まで 150

iOS9のWi-Fiアシスト、「予想以上にデータ消費激しい」としてアップル訴えられる

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iOS9
 
iOS9より搭載されているWi-Fiアシストについて、アップルが説明を怠っていたとして、同社に対し、500万ドル(約6億円)の集団訴訟が発生しています。

アップルは当初明らかにしておらず

Wi-Fiアシスト
 
Wi-Fiアシストは、Wi-Fi接続が不安定な際、モバイルデータ通信で回線を安定させる機能です。しかし、初期設定ではオンになっているうえ、どのような条件でどの程度モバイルデータ通信が用いられるのかということについて、アップルは当初明らかにしていませんでした。
 
これについて、原告代表のWilliam Scott Phillips氏とSuzanne Schmidt Phillips氏は、「常識的で平均的な消費者は、iPhoneを音楽ストリーミングやビデオ、様々なアプリに使う。それらの全てが顕著にデータを消費し得る」とし、想定以上のモバイルデータ通信が発生したことで、計500万ドル(約6億円)の損害が発生したとしています。

慌てて特設ページ公開したが

先日アップルは、こうしたユーザーの不安を受け、「Wi-Fiアシストは、大容量のデータ通信を行う、音楽やビデオストリーミングなどのサードパーティーアプリ、電子メールアプリなどにおける添付ファイルダウンロードなどには適用されません」としたうえで、大半のユーザーにおいては、データ通信量は「数パーセント多くなる」程度であることを明らかにしましたが、今回の原告にとっては、すでに時遅しだったようです。
 
なお、「Wi-Fiアシスト」は、「設定」>「モバイルデータ通信」でオン・オフの設定が可能です。
 
 
Source:9to5mac
(kihachi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる