トップページ > iOS > データ通信量の心配に対応?iOS9の新機能「Wi-Fiアシスト」の説明ページが公開!

読了まで 212

データ通信量の心配に対応?iOS9の新機能「Wi-Fiアシスト」の説明ページが公開!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Wi-Fiアシスト
 

iOS9には、Wi-Fi接続が弱い時にモバイルデータ通信で通信を補助する「Wi-Fiアシスト」機能が追加されました。しかし、この機能をオンにしているとデータ通信量が増えすぎてしまうのではないか、と不安に感じている方も多いと思います。Appleが、この新機能についての説明するページを公開しました。

デフォルトでオンの「Wi-Fiアシスト」

iOS9で追加された「Wi-Fiアシスト」は、「設定」アプリから「モバイルデータ通信」に入り、数多く並ぶアプリの一番下にあり、初期設定でオンになっています。
 
「Wi-Fiアシスト」は、Wi-Fiへの接続が不安定な時にモバイルデータ通信に自動で切り替わることでスムーズな接続を実現する新機能です。
 
しかし、知らないうちにモバイルデータ通信に切り替わることについて、月間データ通信量が気になってオフにしている方も少なくないと思います。

AppleがWi-Fiアシストの説明ページを公開!

Appleは、この新機能に関して説明するサポートページを公開しています。
 

公開されたページには以下の記述があります。

Wi-Fiアシストはデータローミング中には自動でモバイルデータ通信に切り替わりません。

 

Wi-Fiアシストは、使用中のアプリについてのみ適用され、バックグラウンドでの自動更新には適用されません。

 

Wi-Fiアシストは、大容量のデータ通信を行う、音楽やビデオストリーミングなどのサードパーティーアプリ、電子メールアプリなどにおける添付ファイルダウンロードなどには適用されません。

 

標準アプリではWi-Fiアシストが適用。上手に活用を!

Appleは、大多数のユーザーにおいてWi-Fiアシストの使用によりデータ通信量は「数パーセント多くなる」と記しています。
 
これはつまり、Safariやマップ、Apple Musicなど、場合によっては大容量の通信を行うApple標準のアプリではWi-Fiアシストが適用されることを意味します。

 

スムーズで快適なデータ通信のためには、Wi-Fiアシストをオンにしておき、データ通信量の残りが厳しいときにはオフにして、上手に活用するのが良さそうです。

 
 
Source:9to5Mac , Apple
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iOS, 使い方 テクニック, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top