トップページ > 最新情報 > IBM、社内への「Mac」導入でヘルプデスク人員の大幅削減に成功

読了まで 233

IBM、社内への「Mac」導入でヘルプデスク人員の大幅削減に成功

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple_IBM
 
IBMは、10月13日~15日にミネソタ州ミネアポリスで開催されたJAMF Softwareのユーザーカンファレンスにおいて、社内へのMac導入のおかげで、ヘルプデスクスタッフの大幅削減に成功したと発表しました。
 
これはAppleデバイス向けにデバイス管理ソフトウェアを開発するJAMF Softwareのユーザーが集合するカンファレンスで、5年前より毎年10月に開催されています。

ヘルプデスク利用者、PCは40%、Macは5%

IBMのフレッチャー・プレヴィンVP

IBMのフレッチャー・プレヴィンVP


 
IBMのWorkplace-as-a-Service副社長のフレッチャー・プレヴィン氏は1,000人を超えるApple ITアドミニストレータらを前に、同社が今年6月1日から開始したMacシステムの導入が、非常にうまくいっていると語りました。
 
プレヴィン氏によれば、IBMは毎週1,900台ずつMacを導入しており、現在社内では13万台以上のiOSおよびMacデバイスが使用されているとのことです。またこれらすべてのデバイスをサポートしているのが、たった24人のヘルプデスクスタッフであることも明かしました。
 
これは、PCユーザーの40%がIBMの社内ヘルプデスクの助けを必要としていたのに対し、Macユーザーでは5%で済んでいるのが理由だと説明しています。
 
そのため、導入時のコストという点ではPCよりMacのほうが高額であるものの、長期的にはコスト削減につながるとプレヴィン氏は述べています。
 
IBMは今年5月、年内に5万台のMacBookを従業員に配布するという計画を明らかにしました。最終的には今年末までに、15万台から20万台のMacを社内に導入するとしています。

さらに緊密になるAppleとIBMの関係

AppleとIBMは昨年7月、企業向けモバイル端末分野での業務提携を発表、企業向けiOSアプリ「IBM MobileFirst for iOS」の提供を開始し、テクノロジー業界を驚かせました。その後かつてライバルだった2社の関係はさらに緊密なものとなっています。
 
たとえば5月には、AppleとIBMは日本郵政と組んで高齢者向けサービスの実施を発表したほか、6月には教育市場向けにも、MobileFirst for iOSのプラットフォームを活用した、リアルタイムの生徒のデータ分析などを可能にする教師向けアプリ「Student Achievement」を共同開発することを明らかにしています。教育アプリの実験はほぼ終了しており、2016年には4つの学校で試験的導入が行われる予定です。
 
さらに8月にはIBMが、顧客企業がMacを既存のIT環境へ統合するのを支援する新サービス「 IBM MobileFirst Managed Mobility Services」を発表しています。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top