トップページ > Mac > 新発売のiMac、ベンチマークスコアが前モデルから20%も上昇

読了まで 230

新発売のiMac、ベンチマークスコアが前モデルから20%も上昇

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ベンチマークスコア imac
 
10月13日(日本時間)に発売された新型iMacベンチマークスコアを測定した結果、前モデルよりも最大で20%ほど高いことが分かりました。

最大で20%ものスコア向上

アップル製品の情報に詳しいブログMacお宝鑑定団が公表したベンチマークスコアの測定データから、新たに発売された21.5インチと27インチのiMacは、前モデルと比較して、およそ7%から20%ほどの向上が認められたと、ニュースサイトMacRumorsが報じています。

21.5インチはマルチコアが大幅に向上


新たに発売された21.5インチの4Kモデルは、IntelのCore i5で3.1GHzのクアッドコアを搭載しており、64ビットのシングルコアで3,787、マルチコアで12,803という数値が計測されました。
 
ベンチマークスコア imac
 
2013年に発売された同インチの2.9GHzモデルは、シングルコアで3,543、マルチコアで10,685であったことを考えれば、単純計算でシングルコアでは約7%、マルチコアでは約20%も速度が向上したことになります。
 
また、Retinaディスプレイを搭載していないタイプの21.5インチiMacは、IntelのCore i5で2.8GHzのクアッドコアを搭載している最新モデルで、シングルコアが3,532、マルチコアで11,865という結果でした。こちらの前モデルは、それぞれ3,175と10,199であり、およそ11%と16%の向上を遂げたことになります。

27インチの新型は3.5GHzモデルをも上回る

27インチの5Kモデルは、IntelのCore i5で3.2GHzのクアッドコアを搭載しているタイプで、シングルコアでは3,931、マルチコアでは12,079、3.3GHzの最上位タイプで、シングルコアが4,214、マルチコアが13,081という結果でした。
 
ベンチマークスコア imac
 
こちらも、2014年に発売されたローエンドモデルでは、シングルコアが3,329、マルチコアで10,632であったことから、それぞれ約18%、約14%の伸びをみせました。
 
なお、最近まで発売されていた3.5GHzのi5クアッドコアモデルですら、それぞれ3,844、12,192であったことを考えれば、決してプロセッサの周波数だけで、性能が決まるわけではないということが明らかとなっています。

総じてマルチコアの伸び率が目を引く

もちろん、ベンチマークスコアは条件によって大きく異なるので、今回の数値をもって結論付けることは出来ませんが、全体的にマルチコアでの伸び率が目を引きました。
 
語弊を覚悟で言えば、シングルコアは文章作成などの単純作業、マルチコアはグラフィックの描画など、CPUやGPUの性能を大きく要求する作業を行う際の目安となります。このことから、今回の伸び率を見る限りでは、アップルがマルチコアを必要とするシーンをiMacで強く意識していることが分かります。
 
 
Source:MacRumors,Macお宝鑑定団
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる