トップページ > iPhone6s > iPhone6sはチップによって性能に差があることをAppleが正式に認める

読了まで 21

iPhone6sはチップによって性能に差があることをAppleが正式に認める

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple iPhone6s/6s Plus
 
iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサーは、韓国メーカーのSamsungと台湾メーカーのTSMCの2社が供給しています。
 
このところ、複数のメディアによって、この2社のチップには性能に差があるのではないかといった報道がされてきましたが、ついに本件についてAppleが正式に認めるコメントを発しました。ニュースメディア『arstechnica』が伝えています。

性能の差は2〜3%程度の差に収まる

このところ、iPhone6s/6s Plusのチップごとの差を調査する様々な実験が実施されています。いずれのテストにおいても、TSMC製のチップがやや優位であるという結果になっていますが、Appleもこの問題についてついにコメントするに至りました。
 
Appleは以下のようにコメントしています。
 

(※コメント抜粋)
iPhone6s/6s Plusにおけるチップ製造メーカーごとのバッテリー性能差は2〜3%程度の差に収まるものである。
 
(このところ様々な実験が行われているが)いずれの実験方法についても、断続的にCPUに強い負荷をかけ続けるという、現実世界の使用方法としては考えられないものなので、実験の結果がすべて正しいものではない。
 
これらは現実世界におけるバッテリー性能を計測する上で誤った方法である。

 
Appleとしても無視できない問題になってしまったということでしょうか。昨年、iPhone6/6 Plus発売の際には本体が曲がってしまうベンドゲート問題が話題となりましたが、今年は「チップゲート」かと囁かれています。
 
このような問題はAppleだけでは無く、かなり前から同一ブランドのPCのチップや電源、HDDなどの精密機器で構築された製品では同様の問題が起こっていました。しかし、ユーザーは同一の価格で購入した製品には同一性能を期待しているため、今後の動向が気になります。
 
 
Source:arstechnica
(クロス)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top