トップページ > iPhone6s > 2時間も違う!?TSMCのA9とSamsungのA9搭載iPhoneのバッテリー持続時間

読了まで 240

2時間も違う!?TSMCのA9とSamsungのA9搭載iPhoneのバッテリー持続時間

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone6s cpu a9
 
iPhone6s/6s Plusが搭載するA9チップにはサムスン製とTSMC製があり、サイズなどに若干の違いはあるものの、性能には大差ないとされてきました。しかしバッテリーベンチマークでは、TSMC製がサムスン製を大きく上回るという結果が出ました。

ショック!!2時間も違う?

iPhone6s/6s Plusが搭載するA9チップの搭載比率は、60対40でTSMC製のほうが多いことが判明しています。また製造工程の違いから、TSMC製がサムスン製より若干大きいこともわかっています。しかしこれまで、両社のチップには性能面ではほとんど差がないとされてきました。
 
ところが一部のバッテリーベンチマークテストにおいて、TSMC製がサムスン製A9をはるかに上回る結果を出していることが明らかになっています。
 
ただしこれらのテストで、A9以外の条件がすべて一致しているかどうかを確認するのは難しいうえに、サンプル数が少ないため、テスト結果だけを根拠に判断するべきではないと、MacRumorsは警告しています。
 
なかでもそのあまりの差に衝撃を受けるのが、Redditに掲載されていたテスト結果でしょう。このユーザーはそれぞれTSMC製、サムスン製のA9を搭載したiPhone6s Plusを用い、Geekbench 3を含むバッテリーテストを実施。TSMC製A9搭載iPhone6s Plusの電池が2時間近く長持ちしたという結果を報告しています。
 

左がTSMC、右がサムスンのA9チップを搭載

左がTSMC、右がサムスンのA9チップを搭載

「同じテストを何度か繰り返したが、結果は変わらなかった。毎回2時間の差が出た。どちらの電話も同じバックアップ、同じ設定で実験した。新しい電話でも実験したが、同様の結果が出た」(Redditユーザー)

別のテストでもTSMC製がサムスン製に勝利

TSMC製A9、サムスン製A9をそれぞれ搭載したiPhone6sのバッテリー寿命を比較したテストは、中国のMyDriversにも報告されています。この実験ではJavaScriptと動画再生が行われ、バッテリーの減り具合が観察されました。Geekbenchテストでは、サムスン製のほうがTSMC製よりも早くバッテリーを消耗していることが判明しています。
 
またAnTuTuベンチマークを使ったフォローアップ実験でも、サムスン製搭載モデルの電池の減りのほうが早かったようです。
 

左がTSMC製A9搭載モデル、右がサムスン。AnTuTuベンチマークテストを12回実行後、TSMCの電池残量77%に対し、サムスンは71%となっている。

左がTSMC製A9搭載モデル、右がサムスン。AnTuTuベンチマークテストを12回実行後、TSMCの電池残量77%に対し、サムスンは71%となっている。


 
こうしたベンチマークテストは、バッテリーパフォーマンスでは、TSMC製がサムスン製A9を上回るという以前からの噂の裏付けとなるかも知れません。ただしこれらはあくまでプロセッサ主体のテストであって、実生活で本当にそれほどの差があるのかどうかは不明です。それは今後徐々に、明らかになっていくことでしょう。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top