トップページ > 最新情報 > 格安SIMの実力はいかほど?2015年9月の調査結果をMMD研究所が公開

読了まで 217

格安SIMの実力はいかほど?2015年9月の調査結果をMMD研究所が公開

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

SIMカード
 
大手キャリアと比較すると割安な料金で利用できることから、最近では格安SIMを検討するユーザーが増えています。
 
国内でモバイルマーケテイングを展開するMMD研究所は、「2015年9月格安SIM通信速度調査 JR山手線編」を実施し、その結果を公開しています。

上位4社の平均ダウンロード速度はおおむね17Mbpsほど

まずは今回の調査概要からご紹介しましょう。
 
MMD研究所によりますと、JR東日本エリア内の2014年度乗車人員より山手線上位10駅を選定、2015年9月9日~11日、14日、15日にわたり、平日5日間、14時~18時の時間帯で各サービス各駅3回計測しているとのことです。なお計測には「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを利用しています。
 
それでは調査結果を見ていきます。
 
MMD 格安SIM 山手線
 
JR山手線10駅のホームでのダウンロード平均スピードを計測したところ、上位はmineoが17.2 Mbps、DMM mobileが17.0 Mbps、BIGLOBE LTE・3Gが16.7 Mbps、IIJmioが16.5 Mbpsとなり、上位4社の速度差は1.0 Mbps以内で大きな差はありませんでした。上位4社から少し差が開いてNifMoが15.5Mbps、 OCNモバイルONEが13.5Mbpsと続きますが、いずれの格安SIMもダウンロード速度が10Mbpsを超えており、動画がストレスなく閲覧できる速度と言えそうです。下段に記載のある大手キャリアと比較すると若干劣りますが、かなり優秀な結果ですね。
 
なお、アップロードの平均スピードに関しては、mineoが10.1Mbps、DMM mobileが8.9Mbps、BIGLOBE LTE・3Gが8.8Mbps、OCNモバイルONEが8.3 Mbpsとなり、こちらも秀でた結果を出しています。
 
MMD 格安SIM 山手線
 
次に駅別のスピードはこのようになります。駅間でややスピードにバラつきはあるものの、いずれの駅でも実用に耐えうる結果を出していますね。
 
ただし、今回の結果をすべて鵜呑みにはしないように注意いただきたい、ということも付記しておきます。今回の調査は混雑時間帯である平日18時以降が調査時間帯として含まれない上、山手線という首都圏の中心限定の調査結果です。
 
さらに格安SIMには、iOSのバージョンアップについてこられないケースもあるなど不安も散見されますので、導入する際は注意も必要です。
 
 
Source:MMD研究所
(クロス)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる