トップページ > Mac > 「Office 2016 for Mac」が「OS X 10.11 El Capitan」でクラッシュする不具合

読了まで 142

「Office 2016 for Mac」が「OS X 10.11 El Capitan」でクラッシュする不具合

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

マイクロソフト Mac
 
マイクロソフトがリリースしている「Office 2016 for Mac」が、1日にアップデート配信された「OS X 10.11 El Capitan」においてクラッシュする不具合が発生しているようです。
 
本件がマイクロソフトのサポートフォーラムで多数報告されていることを、ニュースメディア『ZDNet』が伝えています。

いまのところ抜本的な解決方法は存在しない

Office 2016 for Mac」が「OS X 10.11 El Capitan」でクラッシュする不具合については、マイクロソフトのサポートフォーラムで多数報告されているものの、今のところ抜本的な解決策は呈示されておらず、クラッシュした際にMacを再起動する方法しかないようです。
 
「Office 2016 for Mac」が「OS X 10.11 El Capitan」に完全に適応できていない可能性があるので、今後マイクロソフトからアップデートの配信もしくはAppleから「OS X 10.11 El Capitan」のマイナーアップデートが案内される可能性がありますが、その具体案は不明です。
 
「Office 2016 for Mac」を使用したい場合は、「OS X 10.11 El Capitan」へのアップデートを待つのが正解かもしれませんね。
 
 
Source:ZDNet
(クロス)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる