トップページ > 最新情報 > アップルやグーグルの製品名はなぜ直前まで分からないのか

読了まで 156

アップルやグーグルの製品名はなぜ直前まで分からないのか

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

apple 従業員
 
アップル製品に顕著なように、新製品の名前がiWatchなのかApple Watchなのかといった正式名称は、発売が近くならないと分かりません。しかし、これにはアップルやグーグルが関係者に緘口令を敷いているからではなく、商標の出願を海外で行うことによって物理的に分からないようにしているからなのです。

ペーパーカンパニーを使って第3国で事前登録

ニュースサイトALT LEGALによれば、商標登録は早い者勝ちななので、自分たちが使用したいと考えている商標が登録済なのかどうか、パブリックデータで検索出来る仕様となっています。しかし、アメリカ国内における同商標登録には使用実績が求められる上、データベース上で検索するとすぐにバレてしまうため、アップルやグーグルといったテクノロジー企業は、ギリギリまで登録内容を伏せておくべく、ランハム法という連邦商標法を利用します。
 
この法律では、アメリカで商標登録を行う6ヶ月前までに海外で同様の商標が出願されていた場合、商標はアメリカではなく、海外での申請日が優先されるというものです。例えば、日本で2015年2月に出願されていれば、アメリカでの出願が2015年5月であっても、アメリカでの商標登録は2015年2月からの扱いになります。
 
apple 特許
 
したがって、彼らはジャマイカやトリニダードトバゴ、トンガといった、出願された商標が公開されない一部の国でペーパーカンパニーを使い、密かに登録を行ってから、本番となるアメリカの商標登録開始までこっそりと息を潜めているというわけです。
 
実際に上図からは、Apple TVやiMessageといった商標がトリニダードトバゴで、Apple PayやApple TVのOS名「tvOS」がジャマイカで登録されていたことが分かります。
 
 
Source:ALT LEGAL
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top