トップページ > iPhone6s > iPhone6sの原価は約26,100円、旧機種から約1,400円だけ上昇

読了まで 231

iPhone6sの原価は約26,100円、旧機種から約1,400円だけ上昇

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6s
アップルの新製品が発売されると、使用しているコンポーネントから原価にいくら掛かっているかが話題になります。

iPhone6sの原価は約2万6,000円

最新のiPhone6sの原価は211.50ドル(約26,100円)iPhone6s Plusの原価は236ドル(約29,100円)であると調査会社のIHS Technologyが原価内訳を報告しています。

3D Touchディスプレイが最も高額なパーツ

最も高価なコンポーネントは、iPhone6s Plusに搭載されている新たな3D Touchディスプレイで52.50ドル(約6,500円)となっています。A9プロセッサは22ドル(約2,700円)、2GB DRAMモジュールは17ドル(約2,100円)、Qualcomm製のベースバンドチップは13ドル(約1,600円)です。

カメラモジュールも高額

また、大きく性能が向上したiSightカメラとFaceTimeHDカメラは合わせて22.50ドル(約2,800円)となっています。
 
ストレージに使用されている16GBのNANDフラッシュチップは5.50ドル、WLANモジュールは6ドル(約700円)、バッテリーパックは4.50ドル(約600円)となっています。

組立コストは1台当たり600円

基板上にあるオーディオ関連ハードウェア、NFCコントローラー、加速度計・ジャイロスコープ、コンパスなどは合わせて18ドル(約2,200円)、その他筐体や回路やコネクター類で42ドル(約5,200円)、組立に要する費用は1台当たり4.50ドル(約600円)と試算しています。

ティム・クック氏は原価の試算に批判的

アップルのCEOティム・クック氏は、これまで調査会社が試算する各コンポーネントの原価には研究開発費用、ロジスティックス、マーケティングなどの他の費用が全く含まれておらず、それぞれのコンポーネントの原価の内訳は正確ではないとコメントしたことがあり、これらレポートにはかなり批判的な立場をとっています。
 
なお、投資銀行のメリルリンチもiPhone6s/6s Plusの製造原価を試算していますが、今回のIHS Technologyよりも若干高い金額の予想となっています。

バッテリーサイズは縮小

新たなiPhone6sとiPhone6s Plusが発売され、分解レポートが報じられています。新たなiPhoneは昨年のiPhone6/6 Plusとほぼ同じ内部構造となっていますが、サイズは3D Touchディスプレイを搭載したため、ほんの僅かですが大きく、重くなっています。また、新たなTaptic Engineを搭載したためバッテリーサイズが少し小さくなっています。

A9チップはSamsungとTSMCの2社が供給

Chipworksの分解では、新たなA9チップはSamsungとTSMCの2社が供給しており、Samsung製は14nmプロセス技術を採用しており、TSMC製の16nmFinFET
と比較して10%小型化されていることが判明しています。
 
 
Source : Apple Insider
(リンゴバックス)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる