トップページ > iPhone6s Plus > iPhone6s Plusの分解完了!感圧タッチの部品サイズがiPhone6sと異なることが判明

読了まで 22

iPhone6s Plusの分解完了!感圧タッチの部品サイズがiPhone6sと異なることが判明

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6s iFixit
 
昨日、Apple製品の分解レポートで知られるiFixitが、iPhone6sの分解レポートを公開したとお伝えしましたが、本日、iPhone6s Plus分解レポートも公開しているのでご紹介します。

「3D Touch(感圧タッチ)」の部品サイズはiPhone6sと異なる

 

 

iPhone6s iFixit

iPhone6s Plusに搭載されている「Taptic Engine」の部品


 
iPhone6s Plusの分解を行う中で判明したことの1つとして、iPhone6s/6s Plusから搭載された感圧タッチ技術「3D Touch」の部品がiPhone6sとiPhone6s Plusでやや異なることがあります。
 
iPhone 6sはこの部品サイズが35mm x 6mm x 3.2mmだったのですが、iPhone 6s Plusの部品サイズは15mm x 8mm x 4.9㎜と小型化されています。これは解体することによりはじめてわかった事実です。

やはりバッテリー容量は減少

 

iPhone6s iFixit

iPhone6s Plusに搭載されているバッテリー


 
こちらは以前から確認されていたことですが、バッテリー容量はiPhone6 Plusの2,910mAhから2,750mAhへとやや減少しています。
 
ただし、製品紹介ページを参照すると製品の駆動時間自体は変わっていません。
 
これらの情報のほか、A9チップのRAMと16GBのNANDフラッシュメモリがSK Hynix製であることなどが伝えられています。また、分解のしやすさとしては10点満点で7点が付けられています。
 
 
Source:iFixit
(クロス)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる