トップページ > 最新情報 > Apple、カリフォルニア州での自律走行車実験開始に大きく前進

読了まで 223

Apple、カリフォルニア州での自律走行車実験開始に大きく前進

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple_Store_NY
 
Appleがカリフォルニア州の陸運当局と、「自律走行車」計画について話し合いの機会を持った模様です。英Guardianが報じています。

DMVと1時間の会合

同メディアが入手した情報によれば、去る8月17日、AppleのMike Maletic上級法律顧問が、カリフォルニアDMV(日本の陸運局に相当)の副ディレクターや自律走行車規制プロジェクトの担当者らと、1時間にわたる話し合いを行ったようです。
 
自律走行車についてはGoogleとUberも計画を進めています。Googleはすでにカリフォルニアの公道でロボット車の実験を行っており、製造計画も進めていると伝えられています。
 
Appleが8月に、自律走行車「Project Titan」のロードテストを行うため、カリフォルニア州にある「GoMentum Station」の視察を行ったことはiPhone Maniaでもお伝えしました。
 
DMVはAppleとの会合の内容について、「Appleとの会合はDMVの自律走行車規制をレビューするためのものだった」というコメントのみを残しています。

約80車が自律走行車実験の許可を取得

カリフォルニアのDMVは、自律走行車の導入と運用に関する規制をまとめており、当初は2015年初頭までに骨子を作成する予定でしたが、遅れているようです。規制制定プロセスには、フォルクスワーゲン・アウディ、GM、日産、Continental、Googleなどが関与しています。
 
DMVは自律走行車テストプログラムの認可も行っており、現時点までに約80の自動車メーカーと、300人以上のテストドライバーが承認されています。つい最近ではホンダとBMWが認可を受けました。

実験許可申請なら秘密主義は放棄

AppleがProject Titanの実験許可を申請するのあれば、秘密主義の維持は難しくなります。申請の際には実験に使う車の車種、車両登録番号のみならず、自動車の特徴や機能、運転者の氏名も記入する必要があるからです。
 
情報公開を回避するならば、GoMentum Stationのような私有地内で実験を行うという方法がありますが、現時点までにAppleがこの場所で実験を行ったという報告はありません。
 
しかしDMVと会合を持ったということは、Appleが公道での実験を準備している証と見てよいでしょう。
 
またGuardianが入手した文書によれば、AppleはProject Titanにエンジニアリング・プログラム・マネージャー(EPM)を任命したとのことです。EPMは通常、Appleのプロジェクトがラボを卒業する際に決められるとされています。
 
 
Source:The Guardian
Photo:Apple
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる