トップページ > iPad mini > いつの間にかiPad mini2が超お買い得商品になっていた

読了まで 215

いつの間にかiPad mini2が超お買い得商品になっていた

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ipad mini2
 
12.9インチの大型ディスプレイを配したiPad Proが新たに登場する一方、iPad mini3は姿を消してしまうなど、若干不遇なiPad miniシリーズですが、ここに来て残されたiPad mini2が、かなりのお買い得商品へと変貌しています。

iPad mini4の性能がiPhone6クラスなのは確かだが

先週より発売されたiPad mini4は、文句なしの性能であることは疑いようもない事実で、Ars Technicaがベンチマークテストを行った結果、オーバークロックされた1.5GHzのA8プロセッサを搭載したiPad mini4は、1.4GHzのA8プロセッサを搭載したiPhone6/6 Plusの数値を上回るものだったそうです。
 
また、A7プロセッサを搭載したiPad mini2やiPad mini3と比べると、およそ20%ほど速度が向上していることも明らかになっています。
 
しかしこの20%は、果たして1万1,000円の差(iPad mini4:42,800円、iPad mini2:31,800円)ほど決定的なものなのでしょうか。

1万1,000円払うだけの差はあるのか

ipad mini4
 
ニュースサイトCult of Macによれば、体感出来るのはわずかなスピード差、それからアプリを複数開きっぱなしにしておけることくらいだそうで、機能面で追加されたものと言えば、Touch IDとマルチタスクが出来ること程度です。
 
また、iPad mini2は36,800円の32GB版を選ぶことが出来ますが、ipad mini4の場合、16GBの次は64GBの53,800円となっていることも、iPad mini4の購入に二の足を踏んでしまう理由です。
 
その一方で、iPad mini2は初代iPad Airとディスプレイ以外はスペックに差がないことが明らかとなっていますし、iPad mini3との差もTouch IDの有無のみです。
 
こうしたことから、先述したCult of Macは、「マルチタスク機能でアプリを同時操作出来ることに目を奪われるな」と述べ、今後はタブレット市場の縮小でアップルもiPad Proなどの大型ディスプレイ版を集中的に売り出していくであろうことから、仮にminiシリーズでタブレット購入を検討しているのであれば、ぜひ値下がりしたiPad mini2を買うよう勧めています。
 
 
Source:Cult of Mac
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる