トップページ > iOS > iOS9のインストール、格安SIMユーザーは要注意!

読了まで 233

iOS9のインストール、格安SIMユーザーは要注意!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

日本時間17日午前2時から、いよいよiOS9が配布されます。早く試したい機能はたくさんあるのですが、格安SIMユーザーはアップデートを急いではいけません。MVNO各社はiOS9へのアップデートを少し待つようにユーザーに呼びかけています。

 

iOS9 Concept

iOS9から通信関連の仕様変更

iOS9のベータ版をインストールしたユーザーから、従来のAPNプロファイルでは通信できないとの報告が多くネット上にあります。これはiOS側の仕様が一部変更になったためとみられ、MVNO各社が対応を急いでいます。

 

大手を中心に新しいプロファイルを公開して既に対応を済ませているMVNOもありますが、対応の遅れているMVNOもまだまだあるとみられます。また既に新たなプロファイルを公開しているMVNOでも、iOS9の動作確認が済むまでインストールを待つようにユーザーに呼びかけています

大手MVNOの対応

プロファイルインストール

 

OCN・・・iOS 7.0以降のiOS端末を利用するユーザー向けにCellular形式での構成プロファイルの提供を開始。iOS9については動作確認が取れるまでインストールを控えるよう要請。「「OCN モバイル ONE」iOS 9.0に関する重要なご案内

 

IIJmio・・・IIJ配布のプロファイルを更新する必要が出てくる可能性があり、17日以降に発表する「お知らせ」を確認してからiOS9へとアップデートするようにユーザーに告知。「iOS 9のリリースに関する弊社からの重要なお願い

 

BIGLOBE・・・新たな仕様に対応したプロファイルを公開し、早めの更新を呼びかけるとともに、「iOS 9へのバージョンアップ(により、急に接続できなくなる可能性があります」として、バージョンアップに対して注意を呼びかけ。「【重要】「BIGLOBE LTE・3G」 iPhone用設定ファイル 再インストールのお願い

 

mineo・・・iOS9公開後、速やかに動作確認を実施し、速やかにユーザーに通知するとし、それまでiOS9へのアップートを控えるよう告知。「【重要】iOS9リリースに関するお願い

 

DMMモバイル・・・iOS9の仕様変更に対応したプロファイルを公開して対応。ただしDMMによる動作確認はIOS8.4までなので、iOS9の動作確認が終わってからのアップデートが望ましい。

 

その他の何も告知のないMVNOの場合、ユーザーはより慎重な対応が必要です。格安SIMユーザーはiOS9へのアップデートを一旦見送るのが賢明でしょう。

サポートの差も鮮明に

今回のiOS9の仕様変更はほぼすべてのMVNOで対応が必要なものです。そのため各社の対応スピードや対応の正確さはMVNOのアフターサービス品質を判断する上で参考になりそうです。

 

今後もiOSに関しては不測の仕様変更があってもおかしくはありません。その際にいち早く対応できるのもMVNOのサービスの一部と考えれば、格安SIMは値段だけで選んではいけないことがわかります。
 
 
(KAZ)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる