トップページ > iPad mini > iPad mini4のベンチマークテスト結果発表!

読了まで 23

iPad mini4のベンチマークテスト結果発表!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPadmini4_Geekbench
 
米メディアArsTechnicaが、ベンチマークアプリ「Geekbench 3」を用い、発表されたばかりのiPad mini4のベンチマークテストを行った結果を公開しています。

iPad mini4は1.5GHz A8チップと2GBのRAM搭載

AppleはiPad mini4のパフォーマンスについて、iPad Air2が搭載するトライコアA8XではなくデュアルコアのA8チップを搭載し、iOS9のスプリットビューに対応することは明らかにしていますが、詳細は公開していません。
 
そこでArsTechnicaはGeekbench 3によるテストを実施し、iPad mini4が1.5GHzのA8チップと2GBのRAMを搭載していることを確認しました。この数字は1.4GHzのA8を搭載するiPhone6/6 Plus、1.3GHzのA7を搭載するiPad mini2/mini3を上回ります。
 
余談ですが、iPad mini3はiPad mini4の発表と同時にAppleのホームページとApple Storeのページから姿を消しました。
 
iPadmini4_single_core
 
iPadmini4_multicore

新製品は軒並み2GBのRAMを搭載

1.8GHzのA8Xを搭載するiPad Air2は、iPad mini4よりも約50%処理速度が高速です。しかしiPad mini2/mini3に比べれば、iPad mini4は20%程度高速化しています。またRAMが2GBになったことも、Safariブラウザのタブリロードの時間や、アプリおよびタブ間の切り替え時間の短縮に貢献していると思われます。
 
2012年以降にリリースされたApple製品の大半が、iPad Air2を除くとすべて、RAMを1GBしか搭載していませんでした。しかし今回リリースされたiPhone6s/6s Plusは2GBを搭載しているとされ、また新Apple TVは2GBを搭載していることが確認されています。11月発売のiPad Proについては、4GBのRAMを搭載するといわれています。
 
 
Source:ArsTechnica
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPad mini, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top