トップページ > iPhone7 > iPhone7のA10チップはTSMCが独占受注、新パッケージング技術採用

読了まで 153

iPhone7のA10チップはTSMCが独占受注、新パッケージング技術採用

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone6s cpu a9
 
Appleの次期iPhone、iPhone7に搭載されると予測されるA10チップの製造を、Taiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)が単独受注し、新パッケージング技術で生産を行う模様です。台湾Digitimesが伝えています。

16nmだが新パッケージング技術採用

発売が迫るiPhone6s/6s Plusに搭載されたA9チップの後継となるA10チップについて、TSMCがAppleより製造を単独受注、2016年3月から16nm FinFETプロセス量産を開始する予定という情報は、先日iPhone Maniaでもお伝えしました
 
新たに10nmプロセスが採用されるのではという期待があっただけに、現行のA9と同じ16nmプロセスというのは少々期待外れに聞こえるかもしれません。
 
しかしTSMCは、チップサイズよりも大きな再配線(RDL)領域を設けることができ、プロセッサーなどの多ピンパッケージへの対応が可能な「ファンアウト型WLP(Fan-out Wafer Level Package、FOWLP)」を独自に開発した技術を「InFO」(Integrated Fan Out)」と呼んでおり、A10チップではこの新たなパッケージング技術を採用すると、Digitimesは報じています。
 
InFO技術はWLPの最大の特徴である基板レス化を図れるだけでなく、低背化にも寄与できるとして期待されています。

A9チップもTSMCが半数を受注

またDigitimesは、TSMCはiPhone6s/6s Plus搭載のA9チップについても半数を受注していると伝えています。
 
 
Source:Digitimes
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top