トップページ > iPhone6s > 結局iPhone6sはどうなるの?発売直前のリーク情報をパーツごとに完全総まとめ!

読了まで 510

結局iPhone6sはどうなるの?発売直前のリーク情報をパーツごとに完全総まとめ!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6s
 
いよいよ、9月9日(日本時間:9月10日午前2時)のiPhone6s発表が間近に迫っています。スペックはあらかた判明しましたが、新色である「ローズゴールド」の発売情報が未だに二転三転したり、バッテリーについては殆ど分かっていなかったりと、まだまだ謎に包まれている部分が多いことも事実です。そこで、これまで発表されたリーク情報をもとに、iPhone6sがどうなるか、改めてパーツごとにスペックを整理してみたいと思います。

ForceTouch


forcetouch
 
Apple Watchや新型Macbook Proには搭載されている、感圧センサーForceTouchですが、台湾のニュースサイトM.I.C.Gadgetなどを筆頭に、iPhone6sへの採用は見送られるのでは、という噂も存在していました。
 
しかし、先日リークされたコンポーネント部分の画像と動画によって、iPhone6sにForceTouchが搭載されることが、ほぼ確定的となりました。
 
また、同端末に搭載されるForceTouchを触ったとする開発者の体験談によると、Apple Watchのようにメニューが開くランチャー方式ではなく、iOS9では完全に従来のオペレーションシステムの一部に組み込まれているそうです。
 
具体的には、マップアプリでは表示された目的地を強く押すだけですぐにナビゲーションが始まったり、電話アプリを強く押すことで留守番電話にアクセスすることが出来るといった具合です。

カメラ


iPhone6 カメラ
 
メインカメラ(iSightカメラ)が1,200万画素、フロントカメラ(FaceTimeカメラ)が500万画素へとアップグレードされるのではないかという噂は以前からありましたが、その詳細については明らかとなっていませんでした。
 
ところが、メインカメラで4K動画が撮影可能であるいうCM「Shot on iPhone in 4K」をアップルが撮っていることが明らかとなったことに続いて、iOS9に含まれていたカメラ部分のコードが解読されフロントカメラにもLEDフラッシュが追加され、240fpsで720pのスローモーション撮影やパノラマ撮影が可能になることが発覚しました。

ディスプレイ


retina ディスプレイ
 
ディスプレイサイズについては、iPhone6sは5インチになるのではないかという噂が、一時期サプライヤーサイドからのリークとして出ていたものの、こちらも画像や動画の流出によって、iPhone6と同じ4.7インチで維持されることが明らかとなりました。
 
ただし、ディスプレイについては、iPhone6までのRetina HDディスプレイ(LCD)から、Apple WatchやサムスンのGalaxy S6シリーズで採用されている、有機ELディスプレイ(OLED)に変更されるのではないかという観測も一部で出ています。
 
一方で、来年発売されるiPhone7のために、液晶ディスプレイメーカーに多額の投資を行ったという報道もあるため、Retina HDディスプレイがこれまで通り維持される可能性は高いです。

ケース


unbox
 
iPhone6が折れ曲がりやすいという「ベンドゲート問題」を受けてかどうかは謎ですが、iPhone6sからはApple Watchに採用されている特殊な7000系アルミニウム合金が用いられます。
 
重さと厚さが多少増えるとのことですが、体感では感知出来ないレベルだと言われています。一方で、耐久度は測定の結果、iPhone6の2倍程度になることが分かっています。

iOS9


iOS9 iOS8.4 ベータ版
 
やはりiOS9の目玉は、不要な広告をブロックする機能の搭載でしょう。これによって、Safariの読み込み時間が74%速くなるという計測結果が出ています。
 
一方で、広告によって収益を上げているグーグルなどは窮地に追い込まれることが確実視されており、様々な側面で何らかの対応を採ってくる可能性は高そうです。
 
このほかにもiOS9では、「Note」アプリで手書きイラストを認識「News」アプリが新たに登場するほか、「マップ」アプリで乗換案内データが表示されるようになったり、省電力モードの搭載、Apple Payでは一部店舗で割引特典などが受け取れる会員カードが設定できるようになる見込みですが、日本はこれらの大半で蚊帳の外となっています。

壁紙


iPhone6sのアニメーション壁紙
 
壁紙には、iPhone6sから新たにアニメーション方式が採り入れられるのではないかとされています。
 
壁紙として選択できると思わしきニシキゴイがパッケージに掲載されていることがリークされた当初は、「これまでのアップルに似つかわしくない」などという声も上がっていました。
 
しかしその後、多数の関係者からアニメーション壁紙についての情報が伝えられていること、ジョナサン・アイブ氏がかつて、壁紙が動くことでiPhoneを活き活きさせるアイデアをインタビューで語っていたことなどから、壁紙として複数のアニメーションを選択できることは確定的との見方が主流となっています。

CPU・メモリ


A9チップ
 
ベンチマーク・テストによって、A9はマルチコアの1.85GHzであるということが分かっています。
 
ベンチマークスコアは、シングルコアで2,090と、Qualcommの新型CPUであるSnapdragon820の1,732、現行スマートフォンでスペックだけは最高峰と名高いGalaxy S6に搭載されているExynos 7420の1,443を大きく上回る数値を出していることから、パフォーマンスにもかなり期待して良さそうです。
 
また、このベンチマーク・スコアから逆算する形で、搭載されるメモリもiPhone6の1GBから、iPhone6sでは2GBとなることが分かっています。たとえ1GBでもiPhone6は、2GBや3GBのAndroid上位モデルよりも処理速度が高かっただけに、2GBになった今回は一体どういうことになってしまうのか楽しみですね。

iPhone6cは出ない


M1note iPhone5c
 
iPhone6cについては、中国サプライヤー関係や有名情報筋などが、iPhone6sやiPhone6s Plusと同時発売になるとの情報を出していましたが、その後、iPhone6cの製造が間に合わないとの情報が出てくるなど、9月9日の発表は絶望的となってしまいました。
 
しかし新たに、10月の終わりから11月初頭にかけては発売されるとの情報が出てきていることから、年内に発売される見込みは堅持されています。
 
ただし、スペックについてはiPhone5cの時同様、前モデルとなったiPhone6を全面的に踏襲するという説が主流を占めている一方で、CPUがA9になる、ディスプレイは4インチではなく4.7インチになるなどの観測も依然として根強く存在しており、詳細は謎に包まれています。

ストレージ・カラーバリエーション・価格


iphone6s 価格
 
アプリやメディアのサイズ増大、4K動画が撮影可能になるとの情報から、16GB版が廃止され、32GBが登場するのではないかとの噂があったものの、先日ストレージ別の価格や、16GB版の技術仕様シート画像がリークされたことによって、iPhone6同様に16GB/64GB/128GBが堅持されることが明らかとなりました。
 
また価格についても、ユーロでの価格がiPhone6と同じであることから、日本でも、
 
・iPhone6s/6s Plus 16GB:86,800円/98,800円
・iPhone6s 64GB:98,800円/110,800円
・iPhone6s 128GB:110,800円/120,800円
 
となることが確実視されています。
 
ただし、この価格情報のなかには、スぺースグレイ、シルバー、ゴールドしか掲載されていないことから、チャイナ・テレコムの社員がリークした「新色追加なし」という情報とも相まって新色ローズゴールドの発売の可能性は低くなってきました。また、流出したとされるローズゴールド・モデルの画像が偽物だったことも、疑いに拍車をかけています。
 
一方で、最近もサードパーティーであるケースメーカーが、見切り発車でローズゴールドのiPhone6sケースを発売していることなどから、ローズゴールドの発売期待は依然として強いものがあることも確かです。
 
 
Photo:YouTube
(kihachi)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる