トップページ > 最新情報 > アシュレイ・マディソン事件、新たに20GBの個人情報拡散!確認方法&分布地図総まとめ

読了まで 232

アシュレイ・マディソン事件、新たに20GBの個人情報拡散!確認方法&分布地図総まとめ

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

アシュレイ・マディソン 流出
 
約3,300万人の会員を有する出会い系サイト、アシュレイ・マディソンから大量の顧客情報が流出した事件で、ハッカーが当初公開された10GBの個人情報にくわえ、新たに20GB分の情報を流出させていることが分かりました。

20GB分の個人情報がネット上に拡散中


アシュレイ・マディソン 流出
 
同流出は、Impact Teamと自称するハッカー・チームが主導しているもので、新たに流出した20GB分は、アシュレイ・マディソンのCEOであるNoel Biderman氏に宛てられた「Hey Noel, you can admit it’s real now.(やぁ、ノエル。これでマジだって分かるだろ)」というメッセージとともに、Torrentなどを経由してnoel.biderman.mail.7zというファイルで拡散されています。
 
Biderman氏はこれまで、流出したデータを偽物だと主張していました。

氏名から性的嗜好まで、今後は個人画像も

アシュレイ・マディソン 流出
 
また、AP通信によれば、サイトには政府機関や軍隊などからのアクセスが多数存在し、登録メールアドレスも業務用のアドレスが用いられていたそうです。連邦検事補や法務省の調査官などまでが、氏名、住所、電話番号、クレジットカードの番号のほか、極めてプライベートな性的嗜好を開陳されているとあって、ネット上ではTwitterを中心として「大炎上」しています。
 
また同ハッカー・チームは、アシュレイ・マディソンが閉鎖に応じない限り、卑猥な写真や会話内容までもが流出することになるだろう、との声明を発表しています。

個人情報を利用した男女分布図まで登場


アシュレイ・マディソン 流出
 
誰もが個人情報を盗み見ることが出来てしまうとあって、早速ネットでは登録ユーザーの男女分布図などが公開されています。
 
Malfideleco
 
公開された地図では、男性の登録が85%以上のところが赤、それ以外の場所が黄色で表示されています。日本でも都心部を中心に点が多数表示されていますが、場所によっては90%を超えている「激戦区」も存在します。また驚くべきことに、北朝鮮やシリアといった特殊な地区にも点を確認することが出来ます。

メール入力で情報が流出しているか確認出来る


なお自分のデータが流出していないか確認するには、下記のサイトでメールアドレスを入力すると、データの中に自身のメールが含まれているかどうかが確認出来ます。
 
アシュレイ・マディソン 流出
 
https://ashley.cynic.al/
 
アシュレイ・マディソン 流出
 
http://www.trustify.info/check
 
かつて日本でも、「Winny流出事件」なるものが発生し、多数の犠牲者を生むこととなりましたが、今回の事件は世界的な巨大サイトであるだけに、情報が流出してしまった時の規模は凄まじいものがあります。当たり前ですが、こういった過激なサイトに登録する際は、リスクを考えてから参加したいものですね。
 
 
Source:MOTHERBOARD,AP,AFPbb
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる