トップページ > 最新情報 > iPad Proにはシャープ製のディスプレイが採用される?

読了まで 143

iPad Proにはシャープ製のディスプレイが採用される?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPad Pro
 
Appleはこの秋、大型ディスプレイを搭載したiPad Proを発表すると噂されていますが、台湾メディアの『Digitimes』は同デバイスに日本メーカーシャープのディスプレイが搭載されるのではないかと伝えています。

第3四半期末までに生産体制を構築、第4四半期に量産を開始か

業界筋の話によりますと、12.9インチの大型ディスプレイ搭載が噂されるiPad Proには、シャープ製のディスプレイが搭載されると伝えられています。生産体制については第3四半期末までに構築完了、第4四半期に量産を開始しリリースされると報じられています。
 
また、iPhoneのメインサプライヤーとして著名な台湾メーカーFoxconnの傘下であるGeneral Interface Solutionがタッチパネルを供給し、TPKとSamsung Displayが二次サプライヤーとして後から加わることも伝えられています。以前の報道では、LGもiPad Pro用ディスプレイのサプライヤーとして候補になっていましたが、ここにきてTPKが浮上してきたということは、LGはサプライヤーから外れてしまったのでしょうか。
 
経営再建の続くシャープは、Appleへの売上依存度が約20%とかなり高くなっていますが、iPad Proがヒットすればその割合がさらに向上すると思われます。
 
 
Source:Digitimes
(クロス)

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる