トップページ > 最新情報 > Androidユーザーの「忠誠心」、iPhoneユーザーより高かった!新調査で発覚

読了まで 218

Androidユーザーの「忠誠心」、iPhoneユーザーより高かった!新調査で発覚

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Android 忠誠心
 
各スマートフォンで最も「忠誠心」が高いのは、iPhoneだと考えているユーザーが多いのではないでしょうか。ところが、最近行われた調査によると、最も忠誠心が高いのは、Android端末ユーザーであるという事実が明らかになりました。

乗り換え率はiOS→Androidの方が高い


Android 忠誠心
 
リサーチ会社であるConsumer Intelligence Research Partners(CIRP)が2年間に渡り、スマートフォンの購買調査を行った結果、以前のスマートフォンと同じOSを使い続ける率は、Androidユーザーが82%と最も高かったことが判明しました。
 
グラフでは、iOSのままでいる率が78%、iOSからAndroidに乗り換える率が20%であるのに対し、Androidのままでいる率は82%、AndroidからiOSに乗り換える率は16%となっています。
 
図ではユーザー構成が、Androidは58%、iOSは37%となっており、両OSでユーザーの母数が異なるため、iOS→Androidの乗り換え率がAndoroid→iOSより高いとといっても、Androidへの乗り換え人数が、iOSより高いわけではありません。したがって、「AndroidからiOSへのユーザー流出が起きている」という従来の調査とは大きく矛盾するものではありませんが、乗り換え率が変わらないどころか、Androidが上回っているという結果は、大いに議論を呼びそうです。

アップルの「エコ・システム」と渡り合っていた

また、iOSユーザーであり続ける率が78%であるのに対し、Androidユーザーが82%であるという数字も、「iPhoneユーザーはAndroidユーザーに比べ、OSに対して忠誠心を抱いている」という従来の説を覆すこととなります。
 
「iOSとAndroidの関係はよく理解されていない」とCIRPの代表Josh Lowitz氏は述べます。「これまでは、アップルの『エコ・システム』が忠誠心を醸成し、AndroidからユーザーをiOSに流出させていると思われていた。だが実際は、Androidユーザーの方が、iOSユーザーよりもOSに対して忠誠心を持っていたのだ」
 
一方で残念なことになっているのは、WindowsとBlackberryです。特にBlackberryを新たに買い直すユーザーは4%しかおらず、まさに風前の灯といった印象があります。そのうえ、Blackberry自身がAndroid端末の提供を発表しているため、将来的に値はより小さなものとなりそうです。
 
 
Source:BGR
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top