トップページ > Apple Watch > 次期Apple Watchで実用化?極薄2mmの高画質カメラ特許が明らかに!

読了まで 26

次期Apple Watchで実用化?極薄2mmの高画質カメラ特許が明らかに!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

次期Apple Watchで実用化?極薄2mmの高画質カメラ特許が明らかに!
 
Appleは、薄さわずか2mmの高解像度カメラ技術の特許を出願しました。実用化されれば、次期Apple Watchへのカメラ搭載が現実味を帯びてきます。

薄さわずか2mmの高画質カメラの特許

米国特許商標庁は現地時間7月23日、Appleの「小型高解像度カメラ」に関する特許情報を公開しました。
 
特許の概要は、レンズとフォトセンサーをカーブさせることで、2mm以内という薄さと、くっきりした高解像度の画像の両立を実現したもので、「小型機器に最適」と述べられています。

来年発売のApple Watchにカメラ搭載で実用化か?

Appleの説明には想定されている「小型機器」について触れられていませんが、有力な可能性のひとつと考えられるのが、2016年の発売が噂されている次期Apple Watchでしょう。
 
次期Apple Watchについては、FaceTimeカメラなどの新機能が噂されています。本体のベゼル上部に搭載されるであろうFaceTimeカメラの用途としては、ビデオ通話だけでなくジェスチャーコントロールにも活用されるとの情報もあり、カメラ搭載が期待されています。
 
Apple Watchのような小型機器に、高画質なカメラを搭載するにはサイズ、厚みの問題が立ちはだかります。この特許技術が実用化されれば、Apple Watchの小さな本体内部へのカメラ搭載が現実味を帯びてきます。

今後のiPhoneはさらに薄く、レンズの出っ張りもなくなる?

iPhone6/6 Plusの、カメラのレンズが出っ張っていることについて、Appleのデザイン最高責任者のジョニー・アイブ氏は、今年2月、The New Yorker’sのインタビューに「現実的な最適解だった」と、一種の妥協であったことをほのめかしています。
 
iPhone
 
モデルの進化とともに薄型化の道を進んできたiPhoneが、厚みを増す方向に転換することは考えにくいことから、今回の特許技術が実用化されれば、iPhoneがさらに薄型化し、カメラレンズの出っ張りもなくなるかもしれません。
 
 
Source:iDownloadBlog, 米国特許商標庁
(hato)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる