トップページ > 最新情報 > アップル、とうとう研究開発費が2,500億円近くにまで増大!一体何を計画している?

読了まで 145

アップル、とうとう研究開発費が2,500億円近くにまで増大!一体何を計画している?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Yokohama
 
アップルは7月21日に発表した第3四半期の売上のなかで、研究開発費が同社で初の20億ドル(約2,460億円)に達したことを明らかにしました。この額は純売上高の4.1%に相当します。

いよいよ大台突破


昨年の第3四半期にも16億ドル(約2,000億円)という数字が明らかとなり、市場を驚かせましたが、21%今回の20億ドル(約2,480億円)は同社にとって初の「大台突破」となります。2012年の10月から12月にかけて、10億ドル(約1,240億円)を計上したことをきっかけに、年々増加していく同社の研究開発費からは、否が応でも期待が高まるというものです。
 
ただしその一方で、アップルが何を開発しているのかは直前まで明らかにならないことが多く、例えばApple Watchもファンの「妄想」であるコンセプト・イメージとして長らく取り沙汰こそされてはいたものの、突然その実在が明らかにされ、発表がなされたことは大きな話題となりました。

Apple Carなどが原因か

ニュースサイトApple Insiderは、今回ここまで研究開発費がかさんだ理由として、秋に発売されるiPhone6sや新型iPad、Apple Watchで用いられているForce TouchのiPhoneへの導入、そして横浜が開発ベースになると目されているApple Carなどが原因ではないかと分析しています。
 
 
Source:Apple Insider
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top