トップページ > 最新情報 > ホームボタンのない次世代iPhoneのデザイン、なんとLGも特許取得済だったことが判明

読了まで 146

ホームボタンのない次世代iPhoneのデザイン、なんとLGも特許取得済だったことが判明

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

LG フレキシブル・ディスプレイ
 
iPhoneがホームボタンを廃止する可能性があることはこれまでにもお伝えしていますが、LGがホームボタンのないスマートフォンの特許を既に取得済であることが明らかになりました。ニュースサイトPatently Appleが明らかにしました。

ホームボタンだけでなくベゼルも消える


Patently Appleが入手した画像によると、LGが取得した特許は、ベゼルとホームボタンが消え、表面から底面にかけてディスプレイで覆われているものです。同社が主導に立って市場で推し進めている、「グニャグニャ曲がる」フレキシブル・ディスプレイの強みを、ベゼルとホームボタンを取り払うことによって、これまで以上に活かそうとしていることが分かります。

LGと今後衝突する可能性も?

LG フレキシブル・ディスプレイ
 
ただし、果たしてアップルとLGの両者で特許が被りはしないのかという問題が発生します。
 
先述したPatently Appleによれば、アップルもTouch IDのディスプレイ内への埋め込み特許やフレキシブル・ディスプレイの特許は有しているため、問題は発生しないとのことですが、アップルがサムスンのスマートフォン・デザインを模倣だとして、巨額の賠償金を支払うよう求めたことも過去にはあります。
 
テクノロジー業界では特許やデザイン問題に関する訴訟は日常茶飯事となっているだけに、アップルが先を行くLGに訴えられないよう、願うばかりです。
 
 
Source:Patently Apple
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる