トップページ > 最新情報 > 6月1日から自転車運転中のスマホ操作も罰則強化!

読了まで 154

6月1日から自転車運転中のスマホ操作も罰則強化!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

今日、6月1日から危険な運転を繰り返す自転車の運転者に対する「安全講習」受講を義務付ける改正道路交通法が施行されます。

スマホもイヤフォンも安全運転義務違反に

自転車の運転でも危険運転とされるのは以下の14項目です。

 

1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
4.通行区分違反
5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害
6.遮断機が降りた踏切への立ち入り
7.交差点安全進行義務違反
8.交差点優先車妨害
9.環状交差点での安全進行義務違反
10.指定場所一時不停止違反
11.歩道通行時の通行方法違反
12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反

 

基本的には自動車の運転では常識とされているような項目ですが、これからは自転車の運転者にもこれら項目の遵守が求められます。そして「14.安全運転義務違反」には携帯電話スマートフォンを操作しながらの運転、イヤフォンを装着しての運転が含まれます。危ないとわかっていても、ついついやっていたことも重大な違反となります。

14歳以上の違反者には講習受講義務

これら違反で3年に2回摘発された運転者(14歳以上)には、刑事処分とは別に警察本部や運転免許試験センターなどで3時間の講習を受講する義務が発生します。受講料は5,700円となっていますが、この講習を受講しなければ5万円以下の罰金が課せられます。

 

違反講習

 

14歳以上であれば、車やバイクの運転免許を持っていなくても摘発の対象となります。通学で自転車を利用している中学生、高校生も新しい道路交通法を頭に入れて安全運転を心がける必要があります。
 
 
Source:警視庁
(KAZ)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top