トップページ > 最新情報 > トラックパッドの働きも併せ持つ新たなキーボードの特許をアップルが取得

読了まで 25

トラックパッドの働きも併せ持つ新たなキーボードの特許をアップルが取得

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

キーボード 感圧 トラックパッド
 
新型MacBookなどに感圧タッチトラックパッドを搭載し、新たなトラックパッドの可能性を示したアップルですが、次はキーボードにも変革をもたらすことを模索しているようです。
 
アップルがキーボードに関する新たな特許を取得したと、アップル関連ニュースメディアのApple Insiderが報じています。

キーキャップの下にタッチセンサーを設置する新特許

アップルが新たに取得したのは、マルチタッチが可能な「フュージョンキーボード」に関する特許です。これまで一般的なノートPCは、「キーボード」と「トラックパッド」を搭載してきましたが、いつかトラックパッドがなくなる日がくるかもしれません。
 

キーボード 感圧 トラックパッド

キーボード下の多層構造の中に、タッチセンサーを搭載


 
アップルが新たに取得した特許内容によれば、キーキャップの下にタッチセンサーを搭載することにより、キーボードがトラックパッドの働きも併せ持つことが可能となります。新型MacBookにおいて、アップルは感圧式トラックパッドを搭載し、2段階入力が可能な仕様を実現しましたが、今後はキーボードでもこれができるようになるという訳です。
 
これが実現すれば、キーボード上での指のジェスチャーによって、スワイプやズームなどの操作が可能となり、タイピングをしながら、同じ指先でタッチ操作も可能となるので、もはやトラックパッドは不要になってもおかしくありませんね。
 
ただし、アップルが新型MacBookをはじめ、Apple Watchなどにも搭載した感圧タッチ(Force Touch)は、次期iPhoneをはじめとして、今後Apple製品の多くに搭載が予想されているので、この特許がすぐに製品化されるのかは分かりません。
 
しかし、将来的に次世代のキーボードとして登場する可能性は十分に考えられますので、ぜひとも製品化を期待したいところですね。
 
 
Source:Apple Insider
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる