トップページ > iPhone6 > スマホ事業で苦戦のソニー、実はiPhoneが売れれば売れるほど、儲かる?

読了まで 151

スマホ事業で苦戦のソニー、実はiPhoneが売れれば売れるほど、儲かる?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ソニー ウォークマン 分社化
 
もはや日本人の6割がアップル製スマートフォンiPhoneを所持する時代で、国産スマートフォンメーカーは各社とも苦戦が強いられています。
 
国内メーカーの雄、ソニーも例外でなく、Xperiaシリーズの普及停滞によって、スマートフォン事業では赤字が続いていますが、事業外に視野を広げれば、iPhoneが売れれば売れるほど喜ぶ部門もあるようです。

iPhoneにも搭載、大人気のソニー製イメージセンサー

先日、アップルがソニー製のイメージセンサーを発注しすぎて、中国メーカーが良質なイメージセンサー集めに困窮しているという内容をご紹介しましたが、過去のiPhoneシリーズにはおおよそソニー製のイメージセンサーが搭載されており、これは次期iPhoneとなるiPhone6sシリーズでも継続が予想されています。
 
蜜月関係の続くソニーとアップルですが、ガジェット関連メディアのPhoneArenaによりますと、驚いたことに、ソニーはiPhoneが1台売れるごとに20ドル(約2,400円)の利益を得ているとされています。アップルは第1四半期の決算において、8,000万台近くのiPhoneを販売したと発表しているので、ソニーはiPhoneのイメージセンサーによる利益だけで、2,000億円近くを荒稼ぎした計算となります。すさまじい数字ですね・・・。
 
もちろん、ソニー製のイメージセンサーが搭載されることにより、iPhoneがパワーアップしていくことは、ソニーのスマートフォン事業に従事する方にとっては気が気でない状況かと思いますが、全社的に、この状況をどのように感じているのでしょうか。
 
 
参照元:PhoneArena
執 筆:クロス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる