トップページ > iPhone6 > iPhone6、ディスプレイが本体から浮いてくる不具合が一部で発生

読了まで 157

iPhone6、ディスプレイが本体から浮いてくる不具合が一部で発生

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6/6 Plus
 
スマートフォンは、高度な技術を小さな筐体に盛り込むことから、一定の頻度で不具合などが生じますが、Appleから発売中のiPhone6も例外ではありません。
 
これまでもいくつかiPhone6の不具合を紹介してきましたが、今度はディスプレイが浮いてくるような不具合が一部ユーザーの間で発生しているようです。

プラスチックとガラスの柔軟性の違いが原因?

米オンラインニュースサイトRedditで報告が上がっている内容によりますと、一部のiPhone6ユーザーの間で、ディスプレイが本体から浮いてくるような不具合が発生しているようです。
 
本稿執筆時点で、フォーラムには52件のコメントが寄せられており、スレッドを立てた人物以外にも同様の症状を訴えるユーザーがいることが確認できます。
 
今のところAppleが本件に関してコメントしているわけではありませんので、正式な理由かどうかはわからないものの、同スレッドに書き込みをしている、リペアショップを営むユーザーによりますと、この不具合は、Appleの筐体に使用されている金属と、その接合に用いられているプラスチックが熱などの圧力を受けた際に、柔軟性が異なることによって起こるもので、Apple Storeに持ち込めば、無償修理もしくは交換の対象であることが記されています。
 
また、スレッド自体はiPhone6の不具合を指摘するものなのですが、iPhone5sユーザーや、過去にiPhone4sを使用していたというユーザーも、同様の不具合に悩んでいる、もしくは悩んだ経験があるとしています。
 
本稿をお読みになった方で、同様の不具合に悩まれている方がいらっしゃれば、ディスプレイの破損などの副次的な不具合が発生する前に、早めにApple Storeに持ち込むことをおすすめします。
 
 
参照元:Reddit
執 筆:クロス

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる