トップページ > 最新情報 > マイクロソフトが8,400円の格安スマホを全世界で発売決定、日本も続くか

読了まで 154

マイクロソフトが8,400円の格安スマホを全世界で発売決定、日本も続くか

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

lumia435 日本
 
マイクロソフトは、Windows Phone8を搭載したLumia435を、イギリスに続き、アメリカでも発売を開始しました。わずか70ドル(8,400円)という価格に注目が集まっています。

格安スマホの需要は先進国にもあった


これまでスマートフォンのローエンドモデルは、インドや中東、中国といった新興国市場にもっぱら集中投下されていました。
 
しかし、1万円以下であるLumia435が、イギリスやドイツ、フランスに続き、アメリカという世界最大級のスマートフォン市場に参入する現実を踏まえると、2台目の携帯として、そこまでの性能は求めていないが、フィーチャーフォンではなくスマートフォンが欲しいというユーザーが、先進国にもかなり多く存在している可能性が伺えます。
 
スペックは、4インチWVGAディスプレイに、200万画素のカメラ、8GBの内蔵ストレージと、最大128GBのmicroSD外部ストレージ、Windows Phone8.1を搭載と、まさに携帯として必要最低限といった内容です。

日本での発売も期待できるか

lumia435 日本
 
以前、マイクロソフトがNokia215をインド向けに29ドル(約3,480円)で発売した際、同社デバイス部門の代表が、「とてつもない程にお買い得な携帯とデジタルサービスによって、我々はまだ見ぬ10億人の人々と繋がる感動的な機会を得た」と発言しましたが、繋がるべきユーザーは、まだ見ぬインドの10億人ではなく、アメリカ人という勝手知ったる3億人だったのかもしれません。
 
日本での発売はまだ未定ですが、MVNOの勢いが日に日に高まっているところをみると、そう遠くない将来に発売が期待できそうです。
 
 
参照元:INTERNATIONAL BUSINESS TIMES
執 筆:kihachi

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる