トップページ > Apple Watch > Apple Watchの分解レポート、本家iFixitが早速公開

読了まで 20

Apple Watchの分解レポート、本家iFixitが早速公開

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Watch
アップル製品の分解レポートでお馴染みのiFixitが、期待通り発売されたばかりのApple Watchの分解レポートを公開しています。
 
Apple Watch
 
今回分解したのは38mm Apple Watch Sportです。発売直後のため、分解を徐々に進めながら、順次レポートを更新していたようです。
 
以前もiPhone5sの分解レポートの際に、Touch IDのケーブルの取り外しに苦労していたようですが、今回も本体ケースからディスプレイを取り外すのに苦労したようです。
 
Apple Watch
 
ディスプレイを外すと、2つの重要な機能に使用されるTaptic EngineとDigital Crownが見えます。また、内部には3.8V 205mAhのバッテリーが配置されていますが、iFixitは軽く接着されているが簡単に外れるとコメントしています。
 
Apple Watch
 
アップルは38mmモデルよりも、42mmモデルの方がバッテリーの持ちが良いと答えたことがありますので、42mmモデルでは38mmモデルよりもスペースがある分、容量の大きなバッテリーが搭載されている可能性があります。
 
Apple Watch
 
Apple Watch
 
Apple Watch
 
Apple Watchの心臓部ともいえるS1プロセッサは、iFixitがこれまで見たこともない、非常に小さいトライウィングネジで締められているようです。iFixitには使える道具がなく、既存の道具を細工して外したようです。S1プロセッサは、水や汗など外部から保護するため樹脂でシーリングされています。
 
Apple Watch
 
以前、コンセプトデザイナーMartin Hajek氏のレンダリングによるApple Watchの仮想分解レポートをお届けしましたが、本物の分解レポートに興味がある方はiFixitのサイトをご覧下さい。
 

 
 
参照元 : MacRumorsiFixit
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる