トップページ > Apple Watch > Apple Watchが搭載のS1プロセッサーはiPhone4sのA5チップと同等か

読了まで 212

Apple Watchが搭載のS1プロセッサーはiPhone4sのA5チップと同等か

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

S1
発売が開始されたApple Watchは、iPhoneやiPadのホームスクリーン上でアプリを管理するSpringboardに代わり、「Carousel」(回転木馬の意味)と呼ばれる新しいサブシステムを採用しています。
 
ところが、基本システムはほとんどiOS8.2に近いと、開発者のSteve Troughton-Smith氏が明らかにしています。

S1チップはiPhone4sのA5とほぼ同等

また、Apple Watchに搭載されているS1プロセッサは、iPhoneなどに使用された、かつてのA5プロセッサとほぼ同等だとも述べています。
 
Troughton-Smith氏は、WatchファームウェアにはPowerVR SGX543ドライバーが含まれているとTwitter上で指摘しています。
 


このSGX543と呼ばれるグラフィックコンポーネントは、2011年に発売された、iPad2やiPhone4sが搭載していたA5プロセッサでも使用されていました。

S1チップは圧縮設計、樹脂による保護加工も

しかし、今回Apple Watchに搭載されたS1プロセッサは、当然ですがA5プロセッサよりも更に圧縮した設計となっており、本体を保護するために樹脂による加工も施されています。
 
Apple Watchに採用されているWatchファームウェアはiPhoneと同期して使用されるため、公式にはiOSのバージョンとは考えられてはいませんが、iOSと同じコードが使用されることは十分に考えられます。
 
また、Troughton-Smith氏は、全ての文字盤はNaoTimeKitと呼ばれる、一つのフレームワークに保存されており、SpriteKitと呼ばれるグラフィックスを使用していると明らかにしています。ただし、ミッキーマウスのような動く文字盤はレンダリングにOpenGLを利用しているとも明かしています。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top