トップページ > Apple Watch > アップル、Apple WatchでKeynoteプレゼンのコントロール機能を提供

読了まで 152

アップル、Apple WatchでKeynoteプレゼンのコントロール機能を提供

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Keynote
アップルはiWorkスイートを含む、自社製iOSアプリのアップデートを公開しました。安定性の向上や問題の修正が含まれていますが、アップルのプレゼンテーションアプリであるKeynoteには、Apple Watchでリモートコントロールが可能になる機能が追加されました。

Apple Watchからプレゼンのコントロールが可能に

今回追加された、Apple WatchからKeynoteのコントロールが可能になる機能は、昨年の10月に開催されたメディア向けイベントで短く紹介されました。Keynote Remoteとして知られたこの機能は、その後は話題になっていませんでした。

PowerPointもApple Watchで操作可能だが

つい先日にはマイクロソフトが、iOS版のPowerPointのプレゼンテーションをApple Watchでリモートコントロールできる、PowerPoint Watchアプリをリリースしたばかりです。ただし、マイクロソフトのWatchアプリでは、MacやiPad上のプレゼンテーションのコントロールには対応していません
 
Keynote以外にもPages、Numbers、Remote、Beats Musicなどのアプリが、不具合の修正と安定性の向上のためアップデートされたようです。

さらにiOSアプリがApple Watchと連携

アップル製のほとんどのiOSアプリではApple Watchと連携する機能は未だ提供されていません。しかし、アップルはこれまでも新製品に合わせてアプリのアップデートを実施しており、今後Apple Watchに合わせたさまざまなアップデートが提供されると考えられます。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる