トップページ > 最新情報 > 2017年型iPadのディスプレイを日本のJOLEDが受注 – 韓国メディア

読了まで 148

2017年型iPadのディスプレイを日本のJOLEDが受注 – 韓国メディア

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPad Proと新MacBook Airを並べたコンセプト画像
長らくリリースが噂されている12.9インチのディスプレイを搭載するiPad、いわゆる「iPad Pro」は、新しく酸化物TFT液晶ディスプレイを採用し、2015年にリリースされると先日韓国メディアが報じていました。

2016~2017年型iPadにはOELDを採用

しかし同じ韓国メディアが、2016年~2017年に出荷されるiPadには、次世代有機ELディスプレイ(OLED)が搭載される見通しだと新たに伝えています。また製造開発には日本の有機ELパネル開発の新会社JOLEDが加わる模様です。

iPad向けディスプレイをJOLEDが受注

JOLEDは産業革新機構、ジャパンディスプレイ、ソニー、パナソニックにより今年設立された有機ELディスプレイパネルの研究と量産開発を行う会社です。同社は、これまでソニーとパナソニックの両社が持っていた研究開発の機能を統合し、中型以上のタブレットやノートPCなどの製品開発を行っていくとしています。

液晶パネルの変更でiPadは薄型化が可能

韓国メディアは、JOLEDはアップルのiPad向けのディスプレイを製造するとしており、新しいディスプレイの採用により、高い省電力性能を確保するだけでなく、バッテリーを薄くし、製品本体を更に薄型化することが可能になるとしています。
 
しかしながら、現状は製品の歩留まり率が悪い点が課題となっており、JOLEDの持つ低温ポリシリコン(LTPS)液晶製造技術を活用し、製造プロセスの改善を行うようです。なお、量産は2016年の終わりから始まる模様です。
 
 
参照元 : Patently Apple
執 筆 : リンゴバックス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる