トップページ > Apple Watch > Apple Watchへの10代の関心、発売前に低下~Piper Jaffray調査

読了まで 215

Apple Watchへの10代の関心、発売前に低下~Piper Jaffray調査

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Watch
 
米国における10代の間でのApple Watch人気は、昨年秋よりも現在のほうが下がっていることが、投資会社Piper Jaffrayの調べで明らかになりました。

購入予定者はわずか11%

同社が約6,200人のティーンエイジャーを対象に、Apple Watchに関する調査を実施したところ、購入予定と答えたのはわずか11%でした。昨秋の調査では16%が購入予定と回答していたので、5%ポイント下がったことになります。
 
その11%の購入理由のトップは「スタイル」で74%、次が「デザイン」で72%でした。現在スマートウォッチを所有しているのは5%のみでした。
 
teensurveyapplewatch

若者にはセレブの後押しが重要

Piper Jaffrayのアナリスト、Gene Munster氏は、購入への関心が低いのは、Apple Watchの「キラーアプリ」を待とうという意識を反映していると見ています。また有名人など影響力を持つ人々がApple Watchを所有すると若者の間にも人気が出るものの、それにはまだ時間がかかると分析しています。
 
ケイティ・ペリーやドレイクといった有名人がApple Watchを着用した写真がネットなどで話題となっており、これは24日の発売の前にアップルが仕掛けた宣伝の一環と見られています。セレブのお墨付きは、Apple Watchへのティーンの関心を高めるのに貢献しそうです。

依然として人気の高いiPhoneとiPad

teensurveyiphonespring2015
 
ティーンエイジャーのApple Watchへの興味はそれほど高くないものの、iPhoneとiPad人気は衰えていません。調査対象者の66%がiPhone を所有しており(秋の調査では67%)、64%がiPadを所有していました(同66%)。
 
72%が次に購入するスマートフォンはiPhoneと回答、また60%が次に購入するタブレットはiPadだと答えました。一方で次にAndroidスマホを買うと答えたのは21%、Androidタブレットを購入予定としたのは16%と、iOS端末と比べるとかなり低い数字となっています。Windowsタブレットへの関心はやや伸びており、20%が次はWindowsタブレットを買うと答えています。
 
アップルのマーケティング戦略が奏功すれば、次の10月の調査では、若者のApple Watchに対する関心が今よりずっと高まる可能性はあります。
 
 
参照元 : MacRumors
執 筆 : lunatic

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top