トップページ > iOS > アップル、iPhoneなどの基本システムの最新版、iOS8.3を一般向けに公開

読了まで 216

アップル、iPhoneなどの基本システムの最新版、iOS8.3を一般向けに公開

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iOS8.3
アップルはMac用OSの最新バージョンOS X Yosemite 10.3.3を一般向けに公開し、iPhoneやiPadなどiOS機器向けの基本システムの最新バージョンiOS8.3も一般向けに公開しました。
 
今回のアップデートでは、新しい絵文字の追加Siriの改良CarPlayのワイヤレス接続への対応をはじめ、非常に多くの不具合の修正とインターフェイスの改善が行われています。

絵文字の追加、キーボード一新

デザインが一新された絵文字キーボードでは、カテゴリーによる分類から絵文字を選択できるようになり、これまでのようにカップルだけでなく、家族の絵文字も増えました。また、新しい国旗やiMac、iPhone、Apple Watchの絵文字も追加されています。

SiriやCarPlayも改善

Siriのアップデートでは、新しいアクセントや言語が追加されています。また、iPhoneのスピーカーフォンを使って電話を掛けられるようになっています。また、CarPlayはLightningケーブルを必要とせず、ワイヤレスで車載のダッシュボードシステムと接続することが可能となりました。

標準搭載アプリもアップデート

標準で搭載されているアプリの多くもアップデートされ、例えばPassbookではパスとApple Payが分離され、メッセージではメールを別のスレッドに分けることもできます。また連絡先に登録されていない人からのメールは自動的にスパムとして報告できるようになりました。App Storeでは無料アプリをダウンロードする場合、パスワードを入力せずに入手できるオプションが追加されました。

多くのパフォーマンス改善とバグ修正

また、Wi-Fi接続、メッセージ、コントロールセンター、Safariのタブ、サードパーティー製のキーボード、アプリの起動など、目に見えない部分で多くのパフォーマンスの改善が行われています。
 
アップデートのリリースノートには、Wi-FiとBluetooth接続の切断、画面のローテーションに関する不具合、CarPlayでのマップの非表示、アクセシビリティの不具合などをはじめ、非常に多くのバグ修正の説明がされています。また、アップルはMac用OS X Yosemite 10.3.3のリリースと同様に、iCloud Photo Libraryがベータ版を終了し、正式版になったことを発表しています。
 
今回の最新版iOS8.3へは無線接続、またはiTunesを利用してアップデートが可能です。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる