トップページ > 最新情報 > 「LINEを使う子供ほど成績が悪い」東北大学が研究結果を発表

読了まで 157

「LINEを使う子供ほど成績が悪い」東北大学が研究結果を発表

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

「LINEを使う子供ほど成績が悪い」東北大学が研究結果を発表
 
東北大学と仙台市の研究チームは3月19日、「LINEなどのスマホアプリを長時間使うと成績が低下する」との研究結果を発表しました。

仙台市内の小5~中3の子供全員を対象に調査

調査は、東北大学と仙台市による「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト」が実施したもので、2014年4月に仙台市内の小学5年生から中学3年生全員である合計約4万3千人を対象に実施した生活・学力検査の数学の成績との関係結果を分析しています。プロジェクトメンバーには「脳トレ」で有名な川島隆太教授も参加しています。

「LINE等を使う子供ほど成績が悪い」

調査結果によると、iPhoneなどのスマートフォンで「LINEなどの通信アプリを使用する子供ほど、自宅で勉強する時間が短く、成績が低下している」傾向が明らかになったと発表されています。
 
「LINEを使う子供ほど成績が悪い」東北大学が研究結果を発表
 
さらに、LINEなどの使用時間が長くなることによる影響は、勉強時間や睡眠時間よりも大きいことがわかったとのことで、「アプリの使用時間が長くなることで勉強時間や睡眠時間が減り、成績が落ちる」のではなく、「アプリの使用による影響で成績が落ちている」と考えられる、と発表されています。因果関係の詳細などについての研究は現在も継続中とのことです。

スマホとの付き合い方、使う上での約束事を

調査グループは、子供たちが安全に、安心してスマートフォンでインターネットを利用するために、特徴やリスクについて理解すること、子供にスマートフォンを持たせる目的を明確にすること、使用に関する約束事を決めることなどを推奨しています。
 
昨年、愛知県刈谷市が市内の全小中学校で夜9時以降の携帯電話・スマートフォンの利用を禁止して話題となりました。いじめなどの問題との関係も話題となりがちなLINE等のアプリですが、親子でしっかり話し合う必要がありそうです。
 
 
参照元:東北大学
執 筆:hato

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる