トップページ > 最新情報 > 「iPhoneでオサイフケータイ」への一歩!?ソニーがiOSデバイス用PaSoRiを発表
基本料金が学割で3年間無料!

読了まで 228

「iPhoneでオサイフケータイ」への一歩!?ソニーがiOSデバイス用PaSoRiを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

通信のイメージ図

出典:ソニー


 
ソニーが、iPhone、iPad、iPod touchのiOSデバイスとワイヤレス接続が可能な非接触ICカードリーダーを9月24日に発表しました。専用アプリを使って、EdyチャージやSuica、nanaco、WAONの残高照会が可能になります。

「iPhoneでオサイフケータイ」への一歩!?

新iPhone発売前には、NFCNFCについて解説はこちら)、いわゆる「オサイフケータイ」への対応が噂に上ります。当サイトでも、ホームボタンに搭載されるのではないかという情報や、iTunesストアで購入したコンテンツの受け渡しへの活用が考えられているのではという情報をお伝えしてきました。しかしながら、現在のところ実現されていません。
「iPhoneだとオサイフケータイが使えない」ことで、ガラケーやAndroidスマホからiPhoneへの乗り換えをためらっている方も少なくないと思われます。しかし、iPhoneでの電子マネー活用の可能性を持った新商品がソニーから発表されました。

アップルが実現しないならソニーがやる!?

ソニーの発表によると、2013年9月現在、Edy、Suica、nanaco、WAONといった電子マネーカードは発行枚数2億枚以上、年間決済総額は2兆6000億円(ともにオサイフケータイを含む)という巨大市場です。この市場規模の大きさは、電子マネーの便利さが日本で広く受け入れられ、定着しているということ。それだけに、iPhoneのNFC搭載を待ち望んでいる人も多いはずです。この商品からは、「アップルがやらないなら、ウチがやる!」というソニーの意気込みが感じられます。

iPhoneからEdyチャージが可能に!

Edyチャージの画面イメージ

出典:ソニー


 
今回発表されたPaSoRi(パソリ) 「RC-S390」は、iOSデバイスと省電力Bluetoothで通信します。ソニーが提供するアプリを使って、Edy、Suica、nanaco、WAONといった非接触型電子マネーカードの残高照会ができます。
 
第一弾として、「楽天Edyオフィシャルショップ」で、10月上旬からの発売に向けた先行予約販売が開始されています。楽天Edyのアプリを使って、iOSデバイスからEdyチャージができるようになります。

今後のサービス展開の可能性に期待大

iPhoneでのEdy利用イメージ
現在の段階では、まだ限られた範囲のサービスですが、今後、Suicaや航空各社のマイレージ、家電量販店のポイントへの対応拡大も期待できます。通勤も買い物も出張もiPhoneで決済ができる、そんな日も遠くないかもしれません。今後のサービス展開を、期待を持って見守りたいですね。
 
 
参照元:ソニー
執 筆:hato

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
この記事が役に立ったと思ったらシェアして下さい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
どうなるの?iPhone 6/iPhone Air 発売日やスペックをリーク情報から予測!

コメント

iPhone 5c,iPhone 5sキャリア別徹底比較