トップページ > 最新情報 > iTunesのアクセス障害の被害総額は30億円以上!?

読了まで 211

iTunesのアクセス障害の被害総額は30億円以上!?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

AppleSystemStatus
 
現地時間11日に世界規模で発生したiTunes Storeなどでのアクセス障害ですが、金額に換算するとどのくらいの損失となったのでしょうか。
 
The Mac Observerは、システム復旧までに約12時間を要したことを考えると、その損失額はおよそ2,500万ドル(約30億円)にのぼると計算しています。

12時間で30億円の損失?

アップルはアプリや書籍、ゲームなどのコンテンツから昨年185億ドル(約2.2兆円)の売り上げを得ていることから、1日あたりの売り上げは約5,000万ドル(約61億円)と換算できます。12時間といえば半日ですから2,500万ドル(約30億円)ーーというのが、同メディアの計算です。

またイギリスのソーシャルメディア・アナリストのTim Grimes氏も「2014年のiTunes売り上げから、iTunes Storeの障害によるアップルの損失額は1分あたり3万4,246ドル(約416万円)、1時間あたりでは205万4,794ドル(約2億4,900万円)」とツイートしています。
 
しかし被害が及んだのはオンラインだけではありません

一切の業務がストップ

英Business Insiderによると、欧州のアップルストアではすべてのシステムがダウンし、従業員が就業するためのチェックインができない、商品の販売ができない、アップルのサポートシステムGenius Barの予約が消えるなど、店の営業に大きな支障をきたしたそうです。また従業員はロンドン時間の午後3時(日本の翌深夜0時)まで、メールをチェックすることができませんでした。
 
つまりシステムが復旧するまでの間、客と話すか電話に応答する以外、ほぼすべての業務が停止していたことになります。
 
これらを総合すると、今回のアクセス障害による損失額は、30億円では済まないとみてよさそうです。
 
 
参照元 : The Mac ObserverBusiness Insider
執 筆 : lunatic

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top