トップページ > 最新情報 > NSA、巨大SIM企業をハッキングし全世界のSIMを制御していた

読了まで 24

NSA、巨大SIM企業をハッキングし全世界のSIMを制御していた

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

NSA sim iphone
 
エドワード・スノーデン氏が新たに暴露した機密情報が話題となっています。ニュースサイトThe Interceptにリークされた情報によれば、アメリカの国家安全保障局(NSA)とイギリスの通信情報本部(GCH)が、世界最大のSIMカード製造会社であるGemaltoのネットワークをハッキングしていたことが分かりました。

世界に広がるGemaltoの顧客

Gemaltoはアメリカの4大キャリア(Verizon、AT&T、Sprint、T-Mobile)のほか、世界各国で450キャリアのSIMカードを製造しています。もちろん、日本の3大キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル)もGemaltoの顧客です。
 
スノーデン氏によれば、NSAはGemaltoのメインフレームをハッキングし、覗き見からSIMを守るために使用される暗号キーを入手していたそうです。もちろん盗むだけに留まらず、すでに20億枚のSIMが漏洩対象となっているとのことです。

暗号キーで何が出来るのか

これによってNSAは、携帯を使ったやり取りを、通信会社や海外政府の許可無く直接傍受できるようになります。この暗号キーを使えば証明書や盗聴器といったものとは無縁でいられるうえ、プロバイダのネットワーク上に痕跡を残さずにやり取りを傍受することが可能です。
 
さらにこれらのキーを使えば、傍受されまいと妨害し暗号化されていたやり取りですら傍受してしまうのだそうです。しかし、暗号を解読することまでは出来ないようです。
 
もちろん、これらが事実であれば未曾有のプライバシー侵害ですし、とくに先日スノーデン氏から脆弱性を指摘されたうえISISからもそっぽをむかれたiPhoneユーザーは、ことさら気が気でないでしょう。
 
しかし、どんなスマートフォンにも必ずSIMが搭載されていることに目をつけたNSAの戦略には目を見張るばかりです。この事態に対し、アップルに限らず業界の誰かから何らかのコメントが待たれるところです。
 
 
参照元:Cult Of MacThe Intercept
執 筆:kihachi

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる