トップページ > Apple Watch > Apple Watchの最高級「Edition」(42mmモデル)には29.16 g もの金が含有?

読了まで 157

Apple Watchの最高級「Edition」(42mmモデル)には29.16 g もの金が含有?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Apple Watch Edition gold
 
4月に米国などで出荷が開始されるApple Watchは約4万円からの価格設定ですが、一説には最高級モデルの「Edition」は50万円を超える高額商品になると噂されています。
 
実際の金額はAppleからアナウンスがないので不明なものの、高額となる最も大きな要因は、ベゼル部分を中心として18金の高級仕様が採用されていることが考えられています。買い手側としては、どの程度の金が含まれているのか気になるところですが、本件に関してLuma Labsの共同創業者であるGreg Koenig氏が予測しているのでご紹介します。

最上位モデル(42mm)には29.16グラムもの金が使用されている?

Luma Labsの共同投創業者であるGreg Koenig氏によると、Apple Watchの最高級「Edition」(42mmモデル)にはざっくりと見積もって29.16グラムもの金が含まれているそうです。また、同氏によればこれはベゼル部分のみの算定で、デジタルクラウンやボタン、ストラップ、留め金などを含めればもっと多い可能性がある、ととしています。
 
多くの方にとってはこれがすごいことなのかどうか、よくわからないと思います(筆者も同様です)ので、現在の金の相場価格と照らし合わせてみましょう。田中貴金属(株)が公表している、金の1グラム当たりの価格(本稿執筆時点)は以下の通りとなっています。
 
Apple Watch Edition gold
 
1グラム当たり5,046円ですので、単純に29.16グラムの価格は約147,141円(1円未満切り捨て)となります。実際にはもう少し金が含まれている、とのことなのでさらに金額は上がりますし、持ち歩くのも怖そうなくらい高額ですね。果たして「Edition」モデルは一体いくらで販売され、どの程度売れるのでしょうか。
 
 
参照元:Cult of Mac田中貴金属(株)
執 筆:クロス

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる