トップページ > iPhone6 > iPhone6 Plusユーザーのデータ通信量はiPhone6ユーザーの倍?

読了まで 221

iPhone6 Plusユーザーのデータ通信量はiPhone6ユーザーの倍?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6 カメラ データ通信
 
昨年9月に発売されて爆発的なヒットを記録したiPhone6/6 Plusですが、この両機種についての興味深い調査結果が海外メディアのQUARTZなどで公開されています。
 
公開されたデータによると、iPhone6 PlusのユーザーはなんとiPhone6ユーザーの2倍近くデータ通信を行うらしいのですが、一体どういうことなのでしょうか。

大きなディスプレイのスマートフォンの方が使用時間が長い

調査機関IHSの公表しているデータによれば、ディスプレイサイズごとのデバイス使用時間は以下のようなグラフとなっています。
 
iPhone 使用時間
 
グラフを参照すると、いずれの国でも一部の例外を除き、ディスプレイサイズが大きくなればなるほど、その使用時間が長くなっている様子が確認できます。iPhone6は4.7インチ、iPhone6 Plusが5.5インチであることを考えると、その使用時間は1.3倍から1.5倍程度といったところでしょうか。
 
スマートフォン上で行う多くのことがデータ通信と絡んだものであることを考えると、この数値がデータ通信量に完全に比例するとは言えないまでも、かなりの相関の高いものであるといえるでしょう。

カメラ性能の違いによるデータ使用量の差

次に大きな部分として、iPhone6とiPhone6 Plusでは、カメラ性能に大きな差が存在します。もちろん両デバイスとも美しい写真が撮れるのはユーザーであれば分かるかと思いますが、iPhone6 PlusにはiPhone6にない「光学手ブレ補正機能」が搭載されています。
 
iphone-6-iphone-6-plus
 
これは海外メディアBGRが報道している両デバイスのカメラ性能の比較ですが、見比べると右のiPhone6 Plusで撮影した写真のほうが、より鮮明に写っているのが分かります。しかしこの美しさには弊害もあり、同メディアによればiPhone6 Plusで撮影した写真は、iPhone6で撮影した写真の1.5倍ほどのデータサイズであったとされています。つまり、自動でバックアップを取る設定にしている場合、知らず知らずのうちに大きなデータサイズの写真をアップロードしていることとなります。
 
これらの結果として、iPhone6 PlusユーザーはiPhone6ユーザーの倍程度のデータ通信を行っているようです。経験者の方はご存知かと思いますが、データ通信量過多による通信制限がかかるとかなりストレスが溜まるので、iPhone6 Plusユーザーは
特に使い方に注意したほうが良さそうですね。また、長時間の使用は体にも大きな負担をかけることにもなりますのでお気をつけください。
 
 
参照元:QUARTZIHSBGR
執 筆:クロス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top