トップページ > 最新情報 > アップル、スマートフォン利益で完全な1人勝ち状態に

読了まで 151

アップル、スマートフォン利益で完全な1人勝ち状態に

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone6_6plus
 
2014年10月-12月期において、アップルのiPhoneが世界のスマートフォン利益全体の93%を占めた可能性があると、投資銀行Canaccordが分析しています。

スマホ利益の93%をiPhoneが獲得

アップルが1月末に発表した同四半期の決算報告によると、iPhoneの販売台数は7,440万台で、その平均販売価格は687ドル(約8万1,460円)でした。投資会社Canaccordの分析によると、これはアップルが、スマートフォン全体の利益の93%を占めたことを意味します。
 
2014年通年で見ても、アップルは利益で79%のシェアを獲得した模様です。
 
Canaccordはまた、2018年末には、推定18億2,000万の全スマホユーザーの約3分の1(推定6億5,000万)が、iPhoneユーザーとなる可能性があると予測しています。
 
一方、アップルの最大のライバルであるサムスンの、2014年10月-12月期におけるスマートフォン利益全体に占める割合は9%で、アップルとサムスンをあわせると102%になるとのことです。

スマホ事業で利益を得ているのはやはりアップルとサムスンのみ

Canaccordが昨年8月にも、スマホで黒字となっているのはアップルとサムスンの2社しかないことを明らかにしましたが、2014年10月-12月期においても、スマートフォンで利益を上げているのはアップルとサムスンのみです。
 
HTC、LG、ソニー、レノボ、BlackBerryは損益ゼロ、Nokiaは2%の損失でした。
 
iPhoneShare
 
 
参照元 : 9to5MacBarron’s
執 筆 : lunatic

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top