トップページ > iPhone6 Plus > Apple、敵地韓国でスマホシェア33%確保!海外企業では史上最高

読了まで 221

Apple、敵地韓国でスマホシェア33%確保!海外企業では史上最高

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

調査会社Counterpoint Researchが発表したデータによれば、2014年11月のアジア各国におけるスマートフォンシェアで、iPhone6/6 Plusの好調に支えられたAppleが大きく躍進しています。

韓国では歴史的なシェア拡大を記録

Korea iPhone

 

iPhone6/6 Plus発売以降、日本、中国、韓国でAppleはシェアを拡大させているのですが、中でも韓国での拡大が注目されています。韓国はApple最大のライバルであるサムスンの本拠地ですが、いわば敵地でAppleが大きくシェアを伸ばして、サムスンを追い上げています。

 

iPhone6/6 Plus発売前、韓国でのAppleのスマートフォン販売シェアは15%でした。それが発売後の11月には一気に33%に上昇し、シェア2番手であったLGを抜き、韓国で2位のシェアを獲得しました。一方でiPhone6/6 Plus発売前には60%近いシェアを持っていたサムスンは46%にシェアを落とし、40ポイント以上あったAppleとサムスンの差が13ポイントにまで縮小してしまいました。

 

iPhone人気は韓国でも健在であり、Appleが徐々にサムスンの地位を脅かしつつあるのは確かなようです。ちなみに韓国において海外企業がスマートフォン販売シェアで20%を超えたのはAppleが初めてとのことです。

 

サムスンの牙城である韓国市場もAppleによって徐々に切り崩されつつあるのかもしれません。こうしたことも影響しているのでしょうか、サムスンの業績は伸び悩む状態が続いています。

日本のiPhone販売シェアは51%に

またCounterpoint Researchは日本のスマートフォン販売シェアについても数字を発表しており、それによると11月のiPhoneのシェアは51%にも達しています。これは2位のソニー(14%)を大きく上回るものであり、日本市場での圧倒的な強さが目立ちます。

 

china iPone

 

一方、中国ではAppleは苦戦しています。11月のiPhoneの販売シェアは12%であり、格安スマホで攻勢を強めるシャオミの18%、レノボの14%に次ぐ3位となっています。ただCounterpoint Researchによると、それでもiPhoneの販売シェアは年初に比べて45%も増加しているようです。

 

日本ではすでに盤石の地位を築いているAppleは、中国や韓国でも徐々にシェアを拡大させており、iPhoneを武器にアジア市場でその地位を高めていることは間違いないでしょう。
 
 
参照元: THE WALL STREET JOURNAL
執 筆: KAZ

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる