トップページ > iPhone6 > 各キャリアのiPhone6、通勤電車で回線が速いのは?

読了まで 225

各キャリアのiPhone6、通勤電車で回線が速いのは?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ascii
 
通勤ラッシュ時間の電車3路線における、iPhone6回線速度を週アスPlusが公開しました。3路線での測定結果は、ドコモ2勝、ソフトバンク1勝、auは0勝という結果となりました。

通勤ラッシュの東京近郊3路線でiPhone6の回線速度を計測

週アスPlusが1月14日に発表した、東京近郊の通勤電車内で測定した回線速度調査は、ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone6とアプリ「Speedtest.net Mobile Speed Test」を使用して実施されました。
 
調査場所はJR総武線(千葉→新宿)、中央線(八王子→新宿)、湘南新宿線(大宮→新宿)の3路線で、2015年1月7日から9日に調査を実施しています。

3路線の計測結果!ドコモとソフトバンクの速度が目立つ

計測結果を路線ごとに集計した結果が以下のとおりです。
 
■JR総武線(千葉→新宿)
 
JR総武線(千葉→新宿)
 
総武線では、平均速度はドコモが18.84Mbpsでトップ、ソフトバンクが17.74Mbpsで続きます。最高速度はソフトバンクが90.56Mbpsをマークしています。
 
■JR中央線(八王子→新宿)
 
JR中央線(八王子→新宿)
 
中央線では、平均速度はソフトバンクが13.94Mbpsでトップ、次いでドコモが10.56Mbps、auが10.24Mbpsと続いています。最高速度はauの70.17Mbpsでした。
 
■JR湘南新宿ライン(大宮→新宿)
 
JR湘南新宿ライン(大宮→新宿)
 
湘南新宿ラインでは、平均速度はドコモの15.83Mbps、ソフトバンクの12.68Mbps、大きく離れてauの4.39Mbpsの順でした。最高速度はドコモが92.33Mbpsを叩き出しています。
 
以下の表が、下り速度の平均をまとめたものです。各キャリアとも計測結果の速度には波がありますが、全体としては、ドコモとソフトバンクが速く、auの速度はやや見劣りする結果となりました。
 
下り速度比較

各キャリアの回線速度は刻々と変化

週アスPlusでは、各キャリアの回線速度での動画視聴の快適性について検証していますが、各キャリアの速度に優劣はあるものの、動画視聴に問題なし、と結論付けています。
 
iPhone Maniaでは、iPhone6を使った全国500駅の回線速度調査や、3大都市圏の75駅での回線速度調査、さらに全国26万件の回線速度計測結果などもご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

 
回線速度は、その時々の通信環境や各キャリアによる通信設備増強などにより、刻々と変化しています。ドコモの「3日で1GB制限撤廃」などの施策が影響することも考えられます。
 
週アスPlusには、詳細な調査結果も掲載されていますので、東京近郊の通勤電車を利用される方は参考にしてみてはいかがでしょうか。
 
 
参照元:週アスPlus
執 筆:hato

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる