トップページ > 最新情報 > MVNOサービス契約者数が6ヶ月で30%超えの増加率を記録!

読了まで 224

MVNOサービス契約者数が6ヶ月で30%超えの増加率を記録!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

SIM MVNO
 
25日、国内で市場調査を実施するMM総研は、『国内MVNO市場規模の推移(2014年9月末)』を発表しました。
 
昨今話題の格安SIMカードを提供するMVNO事業者ですが、契約者数は同年3月末データと比較して30.3%増加していたり、大手キャリアサービスの再販型ではない、独自サービス型のSIMカードが徐々に人気を集めていたりと興味深い調査結果となっています。

MVNO市場は着実に成長を見せる

 
MVNO 格安SIM 成長
 
MM総研が発表した調査資料によると、2014年3月末時点で1,480万回線だったMVNO事業者の契約数は、最新の調査結果である9月末時点では1,928万となり、6ヶ月間で35.7%もの増加率を見せています
 
これについて同社は、MVNO事業者の成長は今後も継続し、”総契約回線数は順調に伸長していく“と予想しています。

独自サービス型SIMの回線契約数も大きく増加

 
MVNO 格安SIM 成長
 
大手キャリアサービスの再販型では無い独自サービス型SIMの市場規模に関する調査結果も発表されています。
 
これによると、2014年3月末時点では173万だった独自サービス型SIMの契約数は9月末時点で230.5万契約まで数字を伸ばしておいり、その増加率は33.2%と好調に推移している様子がうかがえます。

独自サービス型SIMのシェアは日本通信が数字を落とす

 
MVNO 格安SIM 成長
 
独自サービス型SIMのシェアについては、OCNモバイルONEを提供するNTTコミュニケーションズが23.4%(54万回線)で1位、以降IIJmio SIM・BIC SIM等を提供するインターネットイニシアティブの14.8%(34万回線)、b-mobileブランドを提供する日本通信の6.9%(16万回線)、BIGLOBE LTE/3G・うれスマなどを提供するビッグローブ6.7%(15.5万回線)と続き、主要4事業者でシェアは51.8%となり全体の過半数を占める計算となります。
 
好調な業界のなかで気になる点としては、日本通信が3月末の18万回線に対して9月末には16万回線と数字を落としていることがあります。これについてMM総研は”今春大手キャリアが行った高額キャッシュバックを狙ったMNP転出が響いた”という分析をしており、すべての格安SIMカード提供事業者が好調というわけではなさそうです
 
2015年は総務省によるSIMフリー義務化が実施され、これまで以上に格安SIMカードの人気が高まることが予想されます。iOS8においてmineoが利用できないなどの問題も残されている格安SIMカード業界ですが、ユーザーとしては、こうした新しいサービスが次々と現れ、毎月の携帯料金を抑制できるのは嬉しい限りですね。
 
 
参照元:MM総研
執 筆:クロス

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる